節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するためのお小遣い稼ぎや節約術を提案します。

ネットオークション出品商品の紹介のポイント

さて今回は、商品を出品する時の商品の説明の書き方というかポイントについてです。

一言で言えば「出来るだけ詳しく書く。」これに尽きます。

大きさや重さ

意外と重要なのが大きさや重さです。

これは送料と関係して来ますので、気にする人も多いのです。
さらに発送方法によってはやはり送料に関係して来ますので、「東京からの発送になります」というように出品者の発送先も明示しておいた方がよいでしょう。

また、送料だけでなく、商品を買った場合の置き場所などを「机の上におけるかな?」などと考えて入札する人もいるので、その点でも大切です。

性能や機能

パソコンや家電製品の様なものは、
既に買いたい機種が決まっていてその商品を探している場合は別ですが、
そうでない場合はスペックが分かるようにしておいた方が良いでしょう。

スペックはわざわざ自分で調べて書かなくても、
その商品のスペックを掲載しているカタログページへリンクを張っておけば済みます。

また商品によっては、写真を掲載していても色合いなども書いておく方が良いかと思います。

これは実は同じ画像でも、パソコン環境によってかなり色合いが違って見えることも少なくないからです。

コンディション

もしかしたらこれが一番大事かもしれませんが、コンディションは出来るだけ詳しく、特に傷や故障個所などがあれば特に詳しく書いて下さい。

写真を載せて、状態は写真で確認して下さいと言うだけではあまり親切と言えません。

特にコレクタブルな商品はホンのわずかの傷や汚れでも大きく価格が下がってしまうものも少なくありません。
例えば本などで、本自体よりも帯の方が価値があるというようなこともあります。

もしも傷や故障などをきちんと書いていなければかなりの確率でクレームになります。
返品にでもなれば、往復の送料、受け取り時と返金時の振込手数料、再出品の手数料と時間というようにとてもコストが掛かってしまいます。

もちろん返品に応じなければトラブルになるのは必定です。

ですからそのようなトラブルを避ける意味でもコンディションの明記は念入りにして下さい。

確かに、程度によっては入札価格が安くなってしまいますが、それでも価格と折り合えば多少の傷や故障を気にしないという人も多いのです。

安ければ性能にかかわらない傷などを気にしないという人も多いですし、壊れていても自分で修理するとか部品取りに使うという人もいます。

ここで紹介したものも場合によってはわざわざ書くまでもないということもあるでしょうし、他にも書いた方が良いというものもあるでしょう。

ですが、詳しく書くほど入札されやすいのは間違いないでしょう。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。