節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するためのお小遣い稼ぎや節約術を提案します。

オークション落札後の手順

ネットオークションも出品点数が少ないうちは全然問題ないと思うのですが、出品点数が増えてくるとミスが増えてきます。

例えば「入金して貰ったのに商品発送をしたつもりで忘れてしまっていた.」などという事は最悪です。

ですから、絶対に間違いのないようにチェックリストを付けるようにしておきましょう。
専用の支援ソフトなどもあるみたいですが、もちろん手書きでも構いません。
ですがエクセルなどで整理しておいた方が簡単だと思います。

そこで具体的な取引の流れを説明しておきます。
あくまでも一例ですが、落札の通知が来たところから、

  1. (出品者)落札の礼と支払いの口座などの情報の案内メールを送る
  2. (落札者)相手からの発送方法や発送先の連絡のメールを受ける
  3. (出品者)指定の発送方法での送料や合計金額の連絡メールを送る
  4. (落札者)代金の支払い(と場合によっては支払い済みの連絡メール)を受ける
  5. (出品者)入金の確認(入金の礼)と発送済み(発送予定日)の連絡メールを送る
  6. (出品者)発送予定日を連絡した場合は、発送済みの連絡メールを送る
  7. (落札者)商品受領の連絡メールを受ける
  8. (出品者)取引完了のお礼を送る

大体こんな感じの流れになるのではないかと思います。

取引の注意点

ここで幾つか注意しておくと、
落札した時点で自動的に落札者の方にも通知のメールが届きます。
この自動通知メールに取引の案内を書いておくこともできます。

そこで出品者側からの取引連絡を省略する人もいますが、この自動通知のメールをよく読んでいない人も多いので、きちんと出品者側から先にメールを送った方が取引もスムーズに進みます。

口座の通知

さらに出品者によっては、
(出品者)取引の案内と希望の支払方法の確認する通知を送る
(落札者)支払方法の指定を受ける
そこでやっと銀行口座を知らせるという人がいます。

あまり銀行口座を知らせたくないという考えからなのでしょうか?

落札者からすると2度手間になりますし、やり取りの時間も余計に掛かるので非常にイライラさせられます。
普通の人は商品を手に入れたと思ったら一刻も早く受け取りたいものです。

自動通知メールで銀行口座が分かったからといって、お金を取られたりすることはありません。
もしそうならば、お店や大企業は大変なことになってしまいます。

何を警戒しているのか分かりませんが、そもそも出品を繰り返していれば、その銀行口座は大勢の人に知られることになります。
まったく意味のない2度手間だと思います。

それでも心配というのならば、ネットオークション専用の銀行口座を作っておいて、入金後はすぐに出金しておけば良いのではないでしょうか?

入金と発送の通知

また更に入金確認もぜず、発送すらも連絡しない出品者がいますが、これは絶対に避けなくてはなりません。

お金を払った後、数日間何の連絡もない時のお金を払った人の気持ちを考えたことがあるのでしょうか?

とても不安な気持ちになるでしょう。

これはそれだけの問題にとどまりません。
もしも商品のコンディションに問題があった時など、こういう一つ一つの小さな不満の積み重ねが一気にクレームとして噴出することにもつながりやすいのです。

逆に一つ一つを丁寧に対応していれば、「ちょっとした失敗」くらいなら許してもらいやすいのです。

ですから気を抜かずていねいに取引を進めるべきなのです。

取引の完了

また、出品者が、商品を発送した時点で、早々に「この度は有難うございました。」とか「気持ちよく取引をすることが出来ました。」などとメールを送る人がいます。

出品者としては、もう取引が終わったつもりなのでしょう。
本人はきちんと対応して良いことをしたつもりなのでしょう。

ですが落札者からしてみれば商品をきちんと受け取るまでは取引は終わっていないのです。

取引は、落札者がきちんと商品を受け取り、クレームなどの問題が無くて初めて終わるのです。

その点を忘れるべきではないでしょう。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。