節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するためのお小遣い稼ぎや節約術を提案します。

オークション落札後のやり取りは簡単に

  1. (出品者)落札の礼と支払いの口座などの情報の案内メールを送る
  2. (落札者)相手からの発送方法や発送先の連絡のメールを受ける
  3. (出品者)指定の発送方法での送料や合計金額の連絡メールを送る
  4. (落札者)代金の支払い(と場合によっては支払い済みの連絡メール)を受ける
  5. (出品者)入金の確認(入金の礼)と発送済み(発送予定日)の連絡メールを送る
  6. (出品者)発送予定日を連絡した場合は、発送済みの連絡メールを送る
  7. (落札者)商品受領の連絡メールを受ける
  8. (出品者)取引完了のお礼を送る

取引のやり取りは簡単に

前回のオークション落札後の手順でやり取りの流れを分かりやすいように細かく8つに分けて紹介しました。

ですが、分かりやすいように段階を細かくわけて説明してあるので、これと同じように何度もメールなどの連絡をする必要はありません。

例えば出品者や落札者がそれぞれ夜に1回しかメールチェック出来なかったとしたら、1往復メールのやり取りに2日間も時間が掛かる事にもなりかねません。

出来るだけやり取りは少なくなるように工夫して下さい。

余計なやり取りを減らせば、あなたと落札者の手間が軽減されるのはもちろんですが時間も大幅に節約できます。
ただ、やり取りを少なくすると言っても、落札者からの心証を悪くするようなやり方をしてはいけ無いのはすでにお話ししている通りです。

作業をまとめる

例えば、1~3の手順ですが、
送料が発送地域などによって異なる場合でも、
落札者から発送先を知らせてもらってから送料を調べて連絡しなくても、
地域別の送料の表などを最初の連絡メールに記載しておけば済むことです。
そうすれば出品者は3の手順は1だけでまとめて済むことになります。

また代金の支払方法も、先にお話ししたように、
相手に希望を伝えてもらってから口座番号を知らせたりするのではなく、
最初に全ての振込口座などを開示すれば済みます。

その時に支払い予定日と支払先を伝えてもらうように落札者にお願いしておけば、確認の作業も軽減されると思います。

また、発送作業も入金確認後ではなく、落札後までに準備を済ませていれば、入金確認後にただちに発送できます。
そうすれば、入金確認、発送の通知が一度になり、5,6の手順は1度で済みます。

さらに、取引の礼と、問題があった場合知らせて欲しい旨を、発送通知とまとめれば、先にお話しした様に事実上相手の気分を損なうことなく、取引の作業をほぼ終わらせることが出来ます。

つまり、

  1. (出品者)全ての情報は最初に知らせる
  2. (落札者)発送方法などの通知と代金の支払いを受ける
  3. (出品者)入金の確認と発送済み及び取引のお礼と問題があった場合についてのの連絡メールを送る

この様な感じに、大幅に手順を省くことが出来ます。

ですが、1度のメールで多くの情報を伝えようとすると、必ず間違ったり混乱したりする落札者が増えますし、長い文章を読むのはなかなか面倒です。

ですから理解の早い人には長い文章を全て読んでもらわなくても良いように、要点やまとめを詳細と別に書くなど工夫が必要だと思います。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。