節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

ガソリン代の節約

ガソリン代を節約する一番の方法は、クルマに乗らないとか、ハイブリッド車とか燃費の良い車に買い替えるということなのでしょうが、それを言うとミもフタもありません。

あとは、ガソリン代を節約する方法は2つ考えられます。
ひとつは、出来るだけ燃費を良くすると言うことです。

運転を注意してガソリン代を節約

運転の注意としては「急」の付く運転をしない

急発進とか急ブレーキ、急加速といったようなことです。
これガソリンの節約という事だけでなく安全な運転ということにもつながりますよね。

信号停車などでも、赤信号に近づいてから慌ててブレーキを踏まなくても、ちょっと先の方も注意すれば信号が変わりそうだなんて分かります。
そうすればガソリンの節約以前に安全運転につながると思うんですよ。

それと意外に忘れがちなのが、トランクとかに積みっぱなしのゴルフ道具とかの荷物。
物置代わりに積みっぱなしの人もいるみたいですが、下手をすると人数プラス一人分くらいになったりします。

確実に無駄に燃費が悪くなります。
余計な荷物は載せないということです。

あとタイヤの空気が減っていると、それでも燃費が悪くなります。

もちろん空気圧だけじゃなくて、タイヤの幅そのものでも変わってきますけれど、タイヤの幅の細いものに変えると燃費は良くなりますけれど、グリップ力が悪くなってしまいます。

自転車とかに乗っている人なら分かると思いますが、タイヤの空気が減っていると、自転車をこぐのに結構力がいります。
ズボラをしてて、いつの間にか減っていた空気を入れると、はっきり自転車をこぐのが軽くなります。

クルマは自分でこぐ訳ではないですが、空気圧が低いと余計に力がいるのは間違いありません。 たぶん加速なんかも悪くなってしまいます。
つまりガソリンが余計にいると言うことですよね。

じゃあ、ガソリン節約するためにトロトロ走れば良いかというとそんなことはなくて、エンジンの回転が低すぎても高過ぎてもやっぱり燃費が悪くなります。
最適な回転数があります。

ということは、車が走ってなくてもアイドリングだけでもけっこうガソリン使ってるってことですね。
クルマ自体が動いてないからって、ほとんどガソリンを使わないと言う訳じゃないと言うことですね。

ですからエンジンを掛けたまま、つい駐車場で立ち話とか、無駄に長い暖気運転でもけっこうガソリン使ってると言うことです。
なんでも最近の車は性能が良いのでそれほど暖気運転は必要ないそうですよ。

まめに走行距離をメーターでチェックするクセを付けると、自分のクルマ&運転の燃費が分かります。
そうするとだんだん燃費を意識した運転が出来るようになるんじゃないでしょうか?

クルマは金喰い虫

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。