節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

新車を安く買う方法

クルマを買わずに済めば、その方が節約になるのでしょうけれど、郊外に住んでいるとか、仕事上どうしても必要、という人も多いと思います。

もちろん中古車を買えば、新車よりも節約になると思います。
でもそれではミもフタもありません。

それに中古車だとメカに詳しくないし、なんだか不安という人もいるでしょう。
また何が何でも、やっぱり新車という人も多いと思います。
そこで今回は、あくまでも新車を出来るだけ安く買って節約しようというお話です。

ではどうすれば新車を安く買うことが出来るのでしょうか?

新車の相場を調べる

これは当たり前すぎるのですが、ネットやなんかでどのくらい値引きされているのかという相場を調べます。

実は新車の販売というのはそれほど大きく値引きできるものではありません。

それなのに「**万円も値引きして貰った!」なんて話をきくこともあると思います。

新車の大幅な値引きには、ある秘密があるのです。

新車の値引きの秘密

ところで新車の販売での儲けどころが2つあります。

ひとつはオプションの追加販売です。
新車の販売価格からすると、オプションの価格は些細な金額に思えてしまいます。
ですから、普段、単体での購入であれば買わない様なものでも、ついつい高い金額で追加購入してしまいます。

これは人間の心理を利用した販売のテクニックの一つです。
実際に単体で売っている類似のものとオプションの価格を比較してみるとよく分かると思います。

まあ販売のテクニックとしては、提示した価格よりも結果的に高く売るなど、いろいろテクニックもあるのですが、今回は関係ないので、新車の値引きということに話を戻します。

つまりオプションは儲けどころでもあるので、このオプションをたくさん追加すれば、その分値引きがしやすくなります。
しかし、余計なオプションをわざわざ追加して値引きして貰うなんて本末転倒ですよね。

実はあまり値引きしていないのに、大幅に値引きして貰ったように、お客さんに思って貰う方法があるのです。

それは下取りのクルマの査定価格を安く見積もることです。

例えばあなたのクルマの下取りの査定価格が百万円だったとしましょう。
これを80万円とか70万円という事にしたらどうでしょうか?

この場合だと2、30万円も値引きということに出来ます。
でも実は単に下取り価格が安く見積もられているので、本当はまったく得していません。

さらに、値引き幅が2、30万円よりも少なければ、本当は損をしていることになります。

ですが問題は、普通の人は、自分のクルマの下取り価格が、本当は幾らくらいなのかということがわからないと言うことです。

新車の価格ならカンタンに調べることが出来ますが、中古車となると、同じ車種であっても、さまざまな条件で価格が変わってしまいます。

それではどうすれば良いのかというと、オンラインの無料査定、それも複数の中古車買取業者の一括で査定するサービスを利用すると良いのです。

ここでミソなのが、複数の中古車買取業者を一括で査定して貰うと言うことです。

なぜかと言うと、複数の業者同士なので当然一番高い査定を出さなければ、買い取ることは出来ません。
ですから安く買いたたかれる心配がないのです。

日本のクルマは海外でもかなり人気があります。
海外に行くと、かなり古いぼろぼろの日本車が現役で走っていたりします。
日本のクルマは新車ばかりでなく、中古車でもかなりたくさん輸出されているのです。

ですからあなたが思っている以上に高い値段が付くかもしれません。

あなたも自分の愛車の最高の査定価格を知ることで、見せかけだけの値引きに惑わされることなく、最も良い新車の値引き価格を引き出せるのではないでしょうか?

わずか2,3分の入力で無料で、あなたのクルマの本当の「価値」を知ることが出来ます。
数十万円もの差が出ることもありますので、一度確認しておいて損はないのではないでしょうか?

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。