節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

携帯のワン切り

今回は携帯のワン切りとか、数回だけ鳴らして切るということについて考えてみました。
自分から携帯を掛けると通話料が掛かるので、相手に掛け直させるために携帯を掛けて切り、相手に掛け直してもらう訳です。

そんなにケチりたいのなら、固定電話にするとか、メールで済ませんるとか、携帯でかけなければ良いのでは?と言う気もしないでもないのですが.

まあワン切りは論外にしても、普通の場合は、何回くらいまでコールするんでしょうか?

数回程度の場合も、相手に掛け直させるテクニック(?)と取る人が多いようです。

正直、これには驚きました。

わたしの場合は、携帯を長く鳴らされるのは好きではありません。

大抵の場合は、携帯は手近に置いていると予想されるのに、
それですぐに電話をとらないという事は、
携帯をすぐに取れないか取りたくない状況にあるのではないでしょうか?

例えば、クルマを運転しているとか、
公共の乗り物に乗っているとか、
大事な応対中で電話をとれないなどです。

しつこくならさなくても、後でみればだれから掛かって来たのかわかりますし.

電話を受けることが出来ない状態で、長くなっていると気が散ってしまいます。
ですからわたしの場合も、相手の携帯に掛ける時は、あまり鳴らさずに切る様にしていたのですが.

とにかく、つい加入の時にあれこれとオプション契約してしまいがちです。
ですが、携帯電話を買い替えなくてもいつでもオプションは契約できます。
出来るだけ余計なサービスを追加しない方が良いでしょう。

ところで、迷惑電話とかでワン切りがありますよね?
でもワン切りの非通知って何が目的なんですかね.

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。