節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

現金とクレジットカードはどちらが節約になるのか

よく節約の方法として、
「クレジットカードを使わないようにして、現金を使うようにする。 そしてその現金も出来るだけ少ししか持ち歩かないようにする。」
という方法が紹介されています。

確かにこれはある意味本当のことだと思います。

実際、資料によると、クレジットカードで買い物をすると、現金で買い物するよりも、平均で3割程度、使うお金が増えます。

という事は、クレジットカードを持ち歩かないとその余分な3割程度の買い物をしなくて済んだだろうと言うことになります。

でもわたしは、ちょっとどうなんだろうって思います。

本当にちょっとしか現金を持ち歩かないと、本当に必要な時に困ります。

クレジットカードで買い物をする人の多くは、お金を持っていなくても、次の給料とかボーナスなどといった、将来入ってくるであろう収入を充てにして、買い物をしてしまう人が多いようです!
そしてまず現金を使って、手元の現金がなくなってきたらクレジットカードを使うと言う人も多いようです。

無駄遣いどころか、こんな金銭感覚では、将来の多重債務者への道まっしぐらです。

クレジットカードは、あくまでも、いま持っていて、使っても良いお金を、持ち歩かずに済むようにするという感覚で使うべきなのではないでしょうか?

もちろん分割払いとかリボ払いなんて論外です。

そうすれば、現金と違って、失くしてもカードを止めたり、使われた分も保険がききます。
さらに、買い物した分に応じてポイントもつきます。

そしてカードによってはショッピングプロテクションの様な保険が付いていて、買ったものが壊れたりした時もカバー出来たり、旅行なども自動的に保険が付帯していたりします。。

そして元金とカードの両方をバラバラに使わず、カードに絞れば、使用明細が送られてくるので、家計簿をつけるのも楽になるのではないでしょうか?

意志が弱ければ、現金、そうでなければクレジットカードを使うのが、節約といったところではないでしょうか?

  • かんたん度:      簡単さの度合い
  • 節約の効果:      節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。