節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

乾電池を充電式に替えて節約

いつも思っていたのですが、乾電池って一回使って使えなくなったらそのまま捨ててしまいますよね。 見掛けは変わらないのに。(笑)

とにかく勿体ないというか、うしろめたいという気持ちがあったんですが、かと言って充電式の乾電池にするのってなんだかけっこう高そうだし、乾電池自体それほど使わないって思ってたんですね。

乾電池代を節約するために100円ショップで買う人も多いようですが、中身が見えるわけではありません。
100円ショップで安い乾電池を買うのって本当に節約になっているのかもちょっと微妙な気もします。

前までなんとなく何回くらい使えるのかわからない充電式の乾電池にを買うのは抵抗があったんですが、エネループという充電式の乾電池、繰り返し1000回程度充電できるそうです。

これならどう考えても充電式の乾電池、充電器、充電のための電気を合計しても1回あたりせいぜい数円(たぶん2,3円程度にもならないのでは?)です。

どんなに安い乾電池を買ったとしても1個数円なんてありませんからね。
乾電池代の節約だけでなく、資源的にも節約になってるのかな?って気がします。

ただ、普段家庭で使っている分には、それほど乾電池を使う電気製品も多くないかもしれません。

わたしの場合は、前は電気製品を買う時に充電式と乾電池で選べるタイプのものであった時には、乾電池だともったいないので充電式にしていました。
ですが充電式って、専用の充電池ってかなり高かったりするんですよね。

ですから、新しい電気製品を買う時は、乾電池が使えるタイプを選ぶようにしています。

ただし充電式の乾電池は苦手分野もあって、微量の電気を長い期間にわたって使うような、時計とかリモコンなどに使うのは向いていないそうです。

ついでに言うと、エアコンのリモコンなどは、シーズン以外は長く使わないと思います。
ですから、その間は乾電池を抜いておくとよいと思います。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。