節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

新製品は高くつく

世間ではいつも新製品であふれています。 わたし達は目新しいものが大好きです。
ですが、新製品は非常に高く付きます。

お金を節約したかったら、その新製品が本当に必要なモノかを考えて買うようにしましょう。
(というかほとんど自分の事です.)

確かにパソコンとか、デジカメといったようなものなどは、旧型と新型では、性能が全く違うということは当たり前です。

でも家電製品などは、技術的な改良はほとんどないけれど、古いままだと売り上げが減少して来るので、ちょっとデザインを変えて、ほとんど必要のない付加機能を付け加えただけというものも珍しくありません。
そのうえ余計な機能を付けたばかりに、故障しやすくなったとか製品寿命が短くなったなんてものもあったりします。

そんなものを買うくらいだったら、新製品の発売直後に旧製品の在庫処分を狙って買えば、大幅な割引で買うこともできます。
新製品をちょっと前に買ったと思えば、なんてことはありません。
無駄なお金を大幅に節約できます。

コマーシャルやパンフレットなどを見るとすぐにも欲しくなるような気がしてきます。
ですが、一番重要なのは、パンフレットなどの一番後ろの方に書いてある仕様です。
大手のメーカーであれば、ホームページで旧製品の仕様も見ることが出来ます。

ウリ文句はすごいけれど、「ほとんど変わってないじゃん.」と言うこともあるかもしれません。
それに、どうせ最新型のモノを買ってしばらくすれば、すぐに次の新製品が出るのです。

また、どんどん性能が向上して行くパソコンや、デジカメですが、これだって、そこまでの性能を必要とする人は案外少ないんじゃないでしょうか?

わたし、しばらく前にデジカメを買い替えたのですが、実際には画素数多くても、使うサイズは小さいのでほとんど必要なかったみたいです。
めったに使わないので、数回しか使ってないのに、ヤフオクなんかで確認したら、めちゃめちゃ安くなってました.

こんなことなら、もっと安い機種にしておけばよかったです.

それから、パソコンでも何でもそうですが、上位機種は、だいたいかなり割高な価格設定が普通です。
性能はチョビットしか変わらないのに、価格は豪快に変わっていたりします。

大抵は、普及機種あたりが一番割安になっているのではないでしょうか?

  • かんたん度:        簡単さの度合い簡単さの度合い
  • 節約の効果:      節約効果の度合い節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。