節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

新聞代を節約する

新聞代は普通の新聞だと月に大体3千円~4千円位だと思います。
1年で4、5万にもなります。
 新聞をとるのをやめれば、年間4,5万円の節約というのはけっこう大きいのではないでしょうか?

なんとなく新聞を購読している人が多いと思いますが、よく考えたら、今どきこれだけインターネットが普及しているので、新聞が無くても何も困ることはないと思います。

わたしは漫然と新聞を購読していたので全く思いつかなかったのですが、ある日、友人が新聞をとるのを止めました。
理由を訊いたら、ネットをブロードバンドにしたので新聞が必要なくなったと言っておりました。

なるほど。 
確かに、新聞の一番の利用目的であるはずのニュース記事、これなんてネットの方がはやいですよね。
微妙なニュースなんかだと、ポータルサイトのニュースの数日後に新聞に同じニュースが掲載されるということもあります。

その新聞誌自体も、新聞社のサイトでもニュースを見ることが出来ます。
さすがに全部そのままという訳ではないですが。

それでも別に全て紙面を見なくても特に困ることもないと思います。

人によっては一番重要かも知れない、テレビなどの番組欄。
これもポータルサイトなどで普通に番組表を見ることが出来ます。

そして節約生活に欠かせないチラシ
例えば、いつも利用するスーパー。
最近はスーパーのサイトに行くとチラシも載せています。

最近は、スーパーなどのサイトで個別にみなくても、折り込みチラシを、ポータルサイトなどで地域ごとに見ることが出来るようになっていたりします。

こうなるともう新聞紙は必需品ではなく娯楽品に過ぎなくなって来ているのではないでしょうか?

そして、新聞って処分が面倒なんですよね。
毎日確実に溜まって行きますので.
それが面倒で、最近は新聞をとらない人も増えて来ているようです。

まあ新聞をまったくとらないというのもどうかという人は、数か月ごととか定期的に新聞を替えるというのはどうでしょうか?

新聞を新規契約すると結構、景品とか値引きとかありますよね?
何年も長く新聞をとっているお客には全く何も貰えないのに、なんか納得出来ませんが.

ですから数か月ごとに新聞を替えて景品をもらおうという訳です。
何か月か無料だとか、商品券とかチケットとかもらえたりします。
そう考えると結構節約になりますよね。

因みに景品表示法によれば、「取引の価額の100分の8又は6か月分の購読料金の100分の8のいずれか低い金額の範囲」であれば認められています。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。