節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

レシートのチェックで節約

買い物にをした時に、あなたはちゃんとレシート貰ってますか?

コンビニなどで買い物をすると、みんなレシートを受け取らないのか、こちらから言わないとレシートをくれないことが多いようです。

節約の基本ともいえる家計簿をつけるためには、買い物をしたらちゃんとレシートを貰っておかないと後で何を買ったのか分からなくなってしまいます。

ですが、家計簿をつけるのに困るからレシートを貰っておくと言うだけではありません。

買い物をする時に、あなたはレジでいちいち商品の金額と入力金額を確認していますか?

実は、案外多いのが、レジの金額の間違いです。
そして間違っている時は、大抵は高過ぎる間違いです。

最近のレジは、大きなお店などだとほとんどポスレジです。(バーコードを読み取って金額が入力されるレジ)
ポスレジだと人間の手で金額を打ち込む訳ではないので、間違いは起こりえないような気がします。

ではなぜ、そんな間違いが起こるのかと言うと、例えばキャンペーンや特売などで設定の変更忘れです。
特売のはずなのに、通常価格のままになっているということですね。

例えば、大手のコンビニチェーンのお店で、ビールが何かのキャンペーンで、普段の価格よりも安く設定してありました。

たまたまいつも買っている銘柄のビールだったのですが、キャンペーンのはずなのにまったくいつもの価格と変わりません。(コンビニで買うこと自体節約になってませんが.)
レシートを確認したら、やっぱり価格が安くなっていませんでした。

店員さんに言ったらもちろん差額は返してもらったのですが、わたしに言われた後でレジの価格設定を変更していました。

そのキャンペーンはもう何日も前から始まっていたものです。
と言う事は、繁盛店にも関わらず、その数日間、誰も気が付いていなかったということではないでしょうか?

他にも、「3個だといくら」みたいな感じで、複数個買うと割引価格になるものを、店員さんが@*3といった感じての入力間違いなどです。

スーパーなどでは、買い物したものを買い物かごから詰め替える時に、レシートをみながら一つ一つ、間違いがないかを確認するようにしています。

  • かんたん度:      簡単さの度合い
  • 節約の効果:      節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。