節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

新築か中古か

新築物件は一般に業者の利益の分が2,3割程度上乗せされているそうです。
 まあ商売ですから利益を乗せるのは当たり前のことです。

都内で新築マンションを買ったとすると、売れ筋は5千万円前後でしょうか?

そうすると業者の利益分が3割ならば、買った途端に売ろうと思ったら3500万円程度の相場価格ということになります。

住宅ローンを組んで買ったとたんに1500万円の差はかなり大きいのではないでしょうか?
それに住宅ローンの金利を含めると返済額は倍ぐらいになるとも言います。
そうであれば、最終的には倍額の3千万円の差が付くということですね。

特にマンションなどでは、新築と中古の差なんて、築年数がかなり経過しているとか、マンションの管理が悪ければ別ですが、実は壁紙1枚剥げば、同じようなものです。

マンションのちょっとしたリフォームなんて実は素人でもカンタンに出来てしまいます。
水廻りをきれいにして、壁紙や床などをちょちょっと変えれば、新築とまったく見栄えが変わらなくなります。

まあ、どうしても新築じゃないと嫌という人もいるでしょう。 それはまあ、人それぞれです。

新築マンションのリスク

価格だけでなく、マンションに関しては、新築よりも中古の方が断然よい点がいくつもあるのです。

実はマンションは程度にもよりますが、ちょっと程度から深刻な程度まで様々ですが、建物に問題があると言うことも少なくありません。

結露がひどくて、壁紙がはがれおちる、壁がすぐにカビだらけになる。 強度が足りない、基礎に大きな亀裂がとか、そのほかいろいろあります。

そして大抵は、新築ではほとんど分かりようがありません。

でも中古なら2,3年も経てば、問題があれば、調べればすぐに分かります。
ですから、新築と違って中古物件ならそういったリスクを背負い込む心配はほとんどなくなります。

中古マンションのメリット

それから新築マンションの場合は、最上階だとか角部屋だとか、細々とした条件で販売価格が分けられています。

ですが、中古物件であれば、同じマンションの同程度の専有面積なら、普通は大して価格に差はありません。

つまりそういうプレミアム物件を新築で買っていれば、中古での差額はさらに大きくなるし、
逆に中古で買うのであれば、あまり変わらないような価格で、もとプレミアム物件を買うこともできると言うことです。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。