節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

入居の敷金を節約する

あなたは、部屋を借りる時に、礼金や敷金はない方が良いと思っていませんか?
実際は、必ずしも得になる訳ではないのです。

敷金と礼金と保証金の違い

ところで、部屋を借りる時に、敷金とか礼金、保証金、というものがありますが、それぞれどう違うか分かりますか?

まず、敷金と保証金ですが、普通の住居物件で敷金と保証金というのは同じものだと思って問題ないです。

では礼金はというと、これは大家さんに払うお礼のお金という、かなり意味不明なモノです。
お礼のお金なので戻ってくる性質のものではありません。

逆に敷金は滞納や、物件へのダメージなどに備えるための保証金なので、問題が無ければ返還される性質のものです。

この礼金は、関東周辺に多くみられる慣習で、関西にはもっと納得しがたい敷引というものもあります。

ですから住まいを借りるときは、礼金なしの物件が無駄なお金を払う必要がないので良いのですが、問題は敷金です。
敷金なしの物件は、滞納その他のリスクに備えるために、家賃自体が割高に設定されている場合が多いのです。

分かりやすく言うと、
ある程度のお金(敷金)を払えない人は、家賃を払えなくなる可能性が高い人、
短い期間で引っ越すつもりの人、
と言う風にみなされる訳です。

ですから、滞納とか夜逃げとかそういった事態になっても良いように元々の家賃を高めにする訳ですね。

それでは短い期間の居住はリスクは高くないのになぜ家賃を高くするのかと言うと、
入居者の募集で業者に払う費用とか、短期間の入居であったとしてもそのままで次に貸し出す訳には行きません。(クリーニング、鍵の交換など)
ですから期間あたりのコストが割高になってしまいます。
当然、リスクをとる時はそれ以上に利益が高くなるようにしなくてはなりません。

つまり家賃を高くするということですね。

要するに、礼金なしは節約になりますが、
敷金なしの物件は、節約どころかかえって高くつくことにもなりかねないのです。

ですから充分に周辺の物件の相場と契約内容を確かめましょう。

ところで、この礼金ですが、もともと江戸時代頃に江戸は超人口密集していたので、住まいを借りるのは相当に大変だったそうです。

そこで、借り手は、借りさせてもらったお礼を大家さんに払う礼金という慣習が出来たそうです。

それがそのまま現在まで残っているので、関東には礼金をとる習慣がそのまま残っているのだとか.

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。