節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

固定金利のリスクとは

住宅ローンを選択する時に、目先の金利が安いので特に深く考えないで変動金利を選ぶ人が多いというお話はしました。
ですが逆に固定金利の場合は、固定金利にさえしておけばリスクはないのでしょうか。

固定金利ならばリスクがないというのは間違いです。

前回さんざん変動金利のリスクについてお話しましたが、もしかしてそれでは固定金利さえ選べばノーリスクで安心だと誤解されるといけないので、固定金利のリスクについて改めてお話することにします。

変動金利の場合、金利の上昇局面では、ローンの金利も上昇しますからローンの支払額が増えるというリスクがあります。
さらに支払い能力以上に金利が上昇すれば、デフォルト、ローンが払えなくなるという事態にも陥ることもあり得ます。

一方、固定金利の場合は、市場金利が上昇しても金利は固定されたままですので、支払額が増える心配はありません。

これだけを考えると、固定金利はとても魅力的なローンのように思えます。
ですが、固定金利は、その金利上昇のリスクを回避できる保険的な性格上、最初から金利が高く設定されています。
ですから、変動金利がそれ以上に高くならない場合は差額の金利分を損することになります。

これは金利が上昇しないことによって差額を損するリスクであると言えます。

では、市場金利が低下してしまった場合はどうでしょうか?

変動金利であれば、金利の低下によって支払額も減少します。
ところが固定金利の場合は、金利は固定されたままです。
つまり変動金利であれば、支払額が減るはずだったのに、固定金利は支払額自体は当初の予定額のままですが、金利を割高に支払わなければならないというリスクがあるという事です。

ですから固定金利と変動金利の住宅ローンではどちらかが良くて、どちらかが悪いという事はないのです。

ただ今後の金利の動向が上昇局面なのか、それとも下降局面なのか?
そしてどれくらい上昇するのか?それとも下降するのか?
またそれはどれくらいの期間続くのか?
などで変わって来るという事です。

ですが、数十年間の金利動向など、どんなプロにも分かりようがありません。

現時点では、史上まれに見る低金利が続いていることは間違いありません。
仮にさらに金利が低下したとしても、すでにかなり低い金利水準です。
ですから、さらなる大幅な金利の低下は考えにくいこと、
そして短期的に下がったにしても長期的には今の金利水準を維持し続けるとは考えにくいということ、
大幅に金利が上昇するかどうかは分からなくても可能性としてはありうるというと、
その点を考慮すれば、金利は高くなるのではないかと考えるのが普通です。
あくまでも予想ですが、現時点では固定金利の住宅ローンの方が有利になる可能性が高いと言えます。

固定金利と変動金利の選択は

固定金利と変動金利についてお話しして来ましたが、住宅ローンを組む場合は、変動金利と固定金利ではどちらが節約になるとか得になるという単純なものではありません。

もちろん金利を節約できればそれに越したことはありません。
ですが固定金利の高い金利は、金利上昇のリスクをヘッジするための保険料と考えることが出来ます。
また変動金利であっても、ローン総額を減らす、支払い期間を長くして月々の支払額を減らし、支払い能力に余裕を持たせるという事もできます。
その場合は、支払い期間が長くなるのでやはり余計に金利を払う事になります。

万が一に備えて生命保険に加入したとしましょう。
何事もなければ保険料は払い損です。
だからといって、「保険料を無駄にするくらいだったら死んでおけば良かった.」などと思う人はいないでしょう。
たぶん「何事もなくって良かった。」そう思うのではないでしょうか?

リスクヘッジのために余計に支払う金利を保険料と考えれば、無駄になったと思うこともないはずです。
リスクは際限なく回避しようとすると、膨大なコストが掛かります。

取れる範囲のリスクを取って金利を節約し、取れないリスクに対してはコストを払ってリスクを回避するという事が大切なのではないでしょうか。

また、リスクの許容量や支払い能力などは、同じ人であっても数十年のローンの期間中ずっと同じではありません。
自分のライフステージの変化や金利動向によっても見直して行くことも重要です。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。