節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

住宅ローンが返せない

自宅を手放さなくなる前に出来ること

収入が減ったり、失業したりなどの事情で、住宅ローンの返済がとても厳しくなるということもあると思います。
 その場合せっかくのマイホームを手放したり、場合によっては滞納などで競売にかかるということにもなりかねません。

今回は、住宅ローンの債務不履行などに陥る前に出来ることについてお話しします。

住宅ローンに支払いに困る前に考えられるのは、 ローンの借り換え
破綻してしまったあとでは、借金の整理の段階で、  個人再生などがあります。

人によっては、住宅ローンを返すために、消費者金融に手を出したりする人もいるようですが、住宅ローンすら返済に困るのに、住宅ローンに比べて比べ物にならないくらい金利の高い消費者金融の返済がまともにできるはずはありません。

もしも住宅ローンの返済が苦しくなってきているのならば、それは、今のあなたにとって、その家は身分不相応になっているということです。
(あくまでも現在、不相応なのであってずっと不相応だということではありません)

分かりやすくいえば、あなたが今住んでいるその自宅が、もしも借家だったとしたら、家賃は幾らくらいになるでしょうか?

考えてみた事がありますか?

 実際に近隣の相場を調べてみて下さい。

 「そんなに家賃が高かったのか!」と驚かれるかも知れません。

住宅ローンの返済に苦しんでいるのに、この様な高い家賃の家に住んでいたのかと.
そうです。 わたしが言いたいのはここのところなのです。

あなたの住んでいる家は、借りると非常に高い家賃です。

つまり、そんなに高い家賃ならば、では貸せば良いのでは?

今の自宅を人に貸して、その家賃で住宅ローンの返済に充てようというのです。

では自宅を人に貸してしまったら、自分はどこに住むのか?
 その自宅の家賃よりも出来るだけ家賃の安いアパートなどに引っ越すのです。

その受け取る家賃と支払う家賃、その差額の分、あなたは住宅ローンの返済の負担を軽くする事が出来るのです。

収入が増えるなど、住宅ローンの返済に目途が付くまでの辛抱です。
 自宅を失ってしまう事を考えたらずっと良いと思いませんか?

昔は、いったん人に家を貸すと、正当な理由(正当事由)がないと退去して貰うのはなかなか大変でした。
ですが、自分が住むためと言うのはごく正当な理由だと思われますし、昔のように困難でもありません。

契約期間が終了すれば、契約更新をさせず確実に立ち退いてもらう定期借家契約と言う方法もあります。

ただ、住宅ローンは、投資物件などの様に賃貸に出すことを禁止していると思います。
ですが、転勤で住めなくなったので人に貸すなど、状況によっては認めてもらえることもあります。
金融機関も窮状を分かってもらえれば、決して絶対に無理と言う訳ではないのです。

住宅ローンの滞納が続くなどで手遅れになる前に、試せることはやってみましょう。

一応、こういうやり方もあるというのをおぼえておいて損はないと思いますよ。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。