節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

引っ越し費用を節約する方法

引っ越しに掛かるお金はけっこう高いので、ちょっとした事を注意するだだけで大きな節約になります。
そしてその節約方法は特別に難しい様なことでもありませんし面倒なこともありません。

ホンのちょっとしたことを注意すれば、引っ越しの費用をかなり節約する事が出来るんですよ。

引っ越しの日程

一年でダントツで引っ越しが多いのが3月末から4月の初めです。
秋口とか夏休みの時期も引っ越しが多いのかも知れませんが、春の引っ越しの時期のように多くないし短期間に集中していることもないと思います。

つまりこの時期の引っ越しは高くつくということです。
そうかと言って、普通は引っ越しの時期を自由に変更出来ないと思います。

さて、それでは同じ時期の引っ越しなら、いつでも料金は変わらないのかというと、やはり大きな違いがあります。
それは週末や祝日などです。

春の引っ越しシーズンのさらに週末となるととても忙しいのです。
日にちが多少都合のつく人は、週末の引っ越しを平日に変更するだけでも、何割か引っ越しの料金が安くなったりします。

そしてさらに同じ日にちでも、午前の便より午後の便とか、引っ越し業者の都合に合わせた時間にすれば安くなったりします。

なんでそんなことで引っ越し料金が安くなるのかというと、
業者からすると、もうちょっと時間をずらせばあと1件別の荷物も運べるのになあなんてこともあるからです。

例えば、空いているトラックが1台しかないのに、同じ日の午前中に2件仕事が入ったとします。
どちらも半日で済む仕事でも同じ時間であれば一つを断って、午後は運ぶ荷物もなくトラックを遊ばせておくしかありません。

でも引っ越し業者の都合に合わせて、午前と午後に振り分けることが出来れば1日に2件の仕事がこなせます。

トラックや従業員を遊ばせておいても、売上どころかお金が掛かるだけです。

そして、同じ時期でも引っ越し業者によっても都合は違ってくるでしょう。
もちろんお客のほうからそんなことは分かりようもありません。

ですから、引っ越しの見積もりは複数の業者から見積もりを取るようにします。 もちろんタンに見積もりだけでなく値切りの交渉もやりましょう。

これらのことで場合によっては引っ越し料金が半額になったなんてことにもなったりします。

家賃も安くする

先の 家賃を安くする方法 でもお話ししましたが、入居を決める前に必ず家賃交渉をしましょう。

もしも家賃の値下げ交渉がうまく行かなくてもまだあきらめてはいけません。
敷金の減額なども交渉します。

さらに月半ばなどの場合、その月の分の家賃の減免等も交渉してみましょう。
けっこう成功率は高いですよ。

ただし、不動産屋に払う仲介手数料を値切るのはお勧めではありません。
優先順位が後回しになる可能性が高くなり、良い物件を紹介して貰い難くなるかもしれません。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。