節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

アパートやマンションの更新料を節約する

東京など一部の地域では、アパートやマンションを借りると、契約更新の時に、更新料というものをとられることがあります。

実はこの更新料と言うのは、全国的にみて一般的なものではないと思います。

ですから、地方から東京などに引っ越して、契約書をよく読まずにマンションを契約したら、契約更新の時期になって初めて更新料が必要だと気付くと言う人もいるようです。

大体マンションやアパートの契約更新は2年とか3年が多いと思いますが、東京あたりだと、更新料は契約年数1年に付き、家賃の半月分の更新料と言うパターンが多いと思います。

例えば家賃が10万円で契約期間が3年だったら、更新料は15万円という感じです。

びっくりしたのですが、契約書に記載していないのに更新料を請求する例があるらしいですが、この場合は当然根拠がありませんから更新料は支払う必要はありません。

しかし、契約書に書いてあれば、拒否するのはちょっと難しいと思います。

ただ、1年契約更新で、更新料が家賃の2か月分と契約書に書いてあったものが、裁判で無効と判断された判例があるようです。

これくらい極端な場合は、契約書に書いてあったとしても、更新料を払わなくて済むかも知れませんが、そうでなければ、契約書に書いてあって合意したものであれば、知らなかったとはいえ、不条理とはいえ、更新料の支払いを拒否するのは難しいと思います。

アパートやマンションを契約する時には、というか何にでもそうですが、契約書はきちんと読んで理解することが大切ですね。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。