節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

事故物件で家賃を節約

大抵、家賃を安くするためには、駅から遠いとか、部屋の広さをちょっと狭くするとか、古い物件を借りるといったように何かしらの犠牲が伴います。

でも駅から遠いとか郊外の物件にすると、通勤その他に交通費が掛かるとか、通勤時間が増えるなどのデメリットがあります。
下手をすると終電に間に合わずタクシーを使うとか、ホテルに泊まるなんてことになると、家賃の差額以上に高くつきかねません。

部屋の広さも普通は、それほどゆったりした部屋を借りている人は少ないと思います。
さらに狭い部屋を探すにも限度があると思います。
ですからそれほど家賃は安くならないと思います。

古い物件にするとかなり家賃が安くなったりして、わたしは水廻り(バス、トイレ、キッチン)さえきれいならば良いと思うのですが、世間では多少せまくても新しい物件が好きな人が多いようです。

しかし、実質的なデメリットが無くて、猛烈に家賃が安くなる方法があります。

事故物件を借りるという方法です。

事故物件と言うのは、ワケあり物件とか言ったりしますが、お部屋の中で事件や事故、病気などで住んでた方が亡くなられた物件です。

普通には事故物件は大家さんにとってはうれしいことではありません。
ですから民間の賃貸物件だとおおっぴらに募集する訳ではないので、見つけにくいのですが、UR都市機構(旧公団)の場合は、特別募集住宅として、事故物件を貸し出しています。

特別募集住宅は、何と相場の半額程度の家賃で借りることができます。
もちろん安くなるのは無期限ではなくて2年ほどみたいです。(あとは賃料がもどる)

ですから、事故物件を渡り歩く人もいるそうです。

それでは、民間の事故物件はどうなのかと言うと、瑕疵物件と言うか、そういった情報は告知義務があります。

ですから、建前としては、知らないで借りるということはないはずなのですが、実際にはカンタンにクリアできる方法があるので、実は、あなたが知らないで借りているだけかも知れません。

節約スタイル
住宅費の節約
マイホームの節約
自宅と賃貸どちらが得
新築と中古どちらが得
家賃より安い住宅ローンは節約か
家賃より安い住宅ローンは節約か2
ご近所さん
一生に一度の買い物
競売不動産で節約
固定資産税を節約する
住宅ローンを節約
変動金利と固定金利はどちらが得か
変動金利のリスク
固定金利のリスクとは
住宅ローンの繰上げ返済
住宅ローンが返せない
賃貸での節約
家賃を安くする方法
家賃を安くする方法2
家賃を節約する意外な方法
公営住宅で節約
家賃補助で節約
掘り出し物の探し方
事故物件で家賃を節約
事故物件の探し方
家賃と収入の目安
生活費が高くつく部屋
引越し費用を節約
入居の敷金を節約する
退去の敷金を返して貰う
更新料を節約する
とにかく安い家賃
狭い部屋を借りるコツ
銭湯代を優雅に節約
オートロックマンションで節約
家賃の振込手数料を節約
一人暮らしの始め方
住宅のネタ
マンションとアパートの違い
平米と坪と畳
節約以前
水道光熱費の節約
節約以前
水道光熱費の節約
住まいの節約
食費の節約
買い物で節約
保険の節約
娯楽費の節約
クルマ関係の節約
通信費を節約する
医療費の節約
税金の節約
貯蓄で節約
お小遣いを稼ぐ
節約雑記あれこれ
その他

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。