節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

生命保険の保障は多い方が良い訳ではない

あなたは、生命保険に加入する時に、「もしもの時の保障の額は多ければ多いほど安心なので、収入に応じてたくさん掛けた方が良い。」と勘違いしていませんか?

確かに貰えるモノは、多い方が良いに決まってます。
だからといって単純に高額保障の保険に加入すれば良いと言う訳ではないのです。

生命保険の保障は貰えるものではありません。
言葉は悪いかもしれませんが、保険はギャンブルと同じなのです。
 保険の掛け金は、厳密に計算されています。

ギャンブルで、「当てればたくさん貰えるから出来るだけたくさん賭けよう」と思いますか?

死亡保障であれば、保険加入者が、どれくらいの割合で死ぬのか?
 一定期間で1万人に一人が死亡する計算だったとして、保障額が1千万円ならば単純に割れば、一人当たり千円の負担です。(もちろんそんなに単純ではありませんが)

さらに社員などの人件費や、保険を募集するための宣伝広告費などの経費も賄わなくてはなりません。
もちろん保険会社の儲けの分も、保険加入者から頂かなくてはなりません。

保険会社の人たちが高給取りなのはご存知ですよね?
そのお金はどこから出て来ていると思いますか?

当然それらの全ては、掛け金に上乗せされます。

例えば、宝くじであれば、販売される金額の50%分だけが、当選賞金に当てられ、残りの50%は、経費や利益の分です。 売上が少なければ、その分当然本数が減り賞金も少なくなります。

生命保険も全く同じ理屈です。 必ず保険会社が儲かるように設計されています。

つまり、高額の保障のために多くの掛け金を支払うというのは、たくさんの宝くじを買うようなものです。 保険会社が得なのかそれとも保険の加入者が得なのかはハッキリしていますよね。

これは、
掛け捨てタイプの保険でも、
積み立て型の保険も、

生命保険の加入者の方が不利なのは変わりません。

必要以上の生命保険に加入するのは、そっくりそのまま損をしているのと同じです。
 必要以上の保険加入は、宝くじの当選を当てにしてお金を賭けているのと同じなのです。

生命保険は、何かあった時にガッポリお金を貰うために加入するのではありません。
何かあっても困らないように加入するのです。

ですから逆にいえば、たくさんの資産があって、何かあっても全く困らない人とか、ある程度はカバーできるという人は、わざわざ高額の保険に加入する必要はないといえます。

高所得だからと言って高額の保険を掛けた方が良いと言うのは、保険会社の演出した幻想に過ぎません。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。