節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

生命保険の保険料のしくみ

あなたは保険料がどの様に決まるのかなんて、どうでも良いと思っていると思います。
でも、じつは保険料のしくみがわかれば、ずいぶん保険が分かりやすくなりますよ。

きっとあなたの保険料を節約するのにも役に立つと思います。

生命保険の保険料のしくみ

生命保険の保険料は、大きく別けて3つの要素で決められています。

あなたが払う生命保険の保険料
純保険料付加保険料
死亡保険料生存保険料予定事業費

生命保険の保険料を分りやすく表にして見ました。
 あなたの払う保険料がどの様な要素で決められているのかというと、まず純保険料付加保険料に分けられます。

純保険料

まず純保険料のところに注目してください。
 さらに死亡保険料生存保険料にわかれています。

死亡保険料というのは、保険の加入者が1年間でどれくらいの割合で死亡するかを、確率で予測した予定死亡率で決まるものです。

例えば、年間加入者1000人あたり10人が死亡するとすれば、死亡率1%  他の要素を排除したとして、保険金の支払いが1千万円なら加入者一人当たり年間10万円の保険料が必要といった感じですね。

次に生存保険料というのは、貯蓄の部分として、預かった保険料のお金をどれくらい運用できるかと言う予定利率で決められます。

例えば、5%で運用できると見込んだとして、10万円預かっていたとしたら1年で10万5千円に増やせる予定といった感じです。

この様に死亡保険料生存保険料を合わせて、純保険料が決まります。

付加保険料

それでは、次は付加保険料についてです。
 この部分は、保険の保障とは関係の無い部分です。

どういう事かというと、保険会社の運営維持のための経費や保険会社の儲けなどに充てられる予定事業費率で決められます。

もちろん保険会社もビジネスですから、経費が掛かったりした分をまかなわなくてはなりませんし利益も出さなければなりません。

そしてこれら、付加保険料純保険料を合計したものがあなたの支払う保険料となるのです。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。