節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

生命保険の掛け捨ては損なのか

貯蓄性のないいわゆる掛け捨てと呼ばれるタイプの生命保険は、保険料を預かって運用する訳ではありません。

保険料のしくみでお話ししたように、保険料のなかの生存保険料の部分が必要ありません。
ですからその分、大幅に保険料は安くなっているのです。

たぶん、掛け捨てと言う語感から、ものすごく損した様な気分になるのかもしれません。

でも本当は、貯蓄性の生命保険であっても、死亡保険料の部分と付加保険料の部分は、掛け捨てタイプの保険と同じで、返してもらう訳ではありません。

ただ単に、掛け捨ての部分と、貯蓄の部分とをセットにして払っているに過ぎないのです。

ですから、生命保険の掛け捨ては損で、貯蓄性のある生命保険はお得という事はまったくないのです。

むしろ、生命保険の保険料の問題でおはなしした様に、全部まとめて保険料を支払うので、本当はどれほどのものなのか判り難くなってしまう問題があります。

例えるならば、一枚肉であれば、ごまかしが難しいけれど、ひき肉にいろいろ混ぜ物があっても、素人が見分けるのは難しいというところでしょうか?

貯蓄性のある生命保険を一概に否定するつもりはありませんが、生命保険を貯蓄の中心として用いるのはあまり賢い選択ではないという事です。
 やはり貯蓄や資産の運用と言う事は、生命保険とは別に考えなければならないのではないでしょうか?

そして忘れてならないのが、貯蓄であれば何かなくてもまたお金が返ってきます。
でも保険の場合は、何かなければ(決まった条件を満たすことが出来なければ)もうお金が返ってくることはないということです。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。