節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

節約のポイント

何か目的を持って節約する場合、ただやみくもに節約しようとしてもあまり大した効果は得られません。

効果的に節約するためにはまず何を節約するべきかを知るべきです。
どういうことなのかというと、たとえば月に数千円とか、わずかの金額しか掛けていない費用を頑張っても、その中からさらに節約できる金額はわずかです。
でも大きな金額を使っているものであれば、たとえ割合的にはわずかでも大きな節約になります。

ですから、まずどんなものにどれくらいのお金を使っているのかを知ることが大事です。
そして優先順位を考えると言うことですね。

よく聞くのが「給料前だから、節約しないと.」とか「給料前で厳しい.」、
確かに収入がかなり少ないという場合もありますが、大抵は計画的にお金を使うことを考えていないからです。

例えば、給料が入ったから今日はパーっととか。(笑)
もちろん時には息抜きとか楽しみとか必要です。
けれど、普通は収入がいつごろ幾らくらい入るのかわかっている訳ですから、パーっと使いたいのであれば、
その前に節約してやりくりして余裕が出来たからぱーっと使うべきではないでしょうか?

月末に家計が厳しくなると言う人は、1週間単位で食費の計画を立ててみてはいかがでしょうか?

どこを節約するのか

一見絞るところがなさそうな費目でも、じっくり見なおすと案外に節約するところはあるものです。
そして、上手く行けばその節約効果はとても大きいと言うことですね。

特に節約をする上で重要なのが、変動費よりも固定費の節約に注意すると言うことです。

固定費というのは家賃などの様にいったん契約すれば、家を留守にしようがどうしようが同じお金がずっと掛かり続けます。

一方、変動費というのは、使った分だけ増える支出のことで、電話料金などは基本料金は固定費で通話料は変動費ということになります。

なぜ変動費よりも固定費が大事なのでしょうか?

それは、急に収入が減ったとしても、急に固定費を減らすのはカンタンなことではありません。

一方、変動費であれば、収入が減れば自然とお金の使い方がシビアになりますから、収入の減少に合わせて変動費は減らしやすいのです。

ですから企業であれば、当然固定費を増やすことには慎重なのですが、お勤めのひとはその間隔が非常に薄いように思います。

でも今のご時世、ずっと安定して仕事を続けられるとも限りません。
ボーナスやずっと安定して収入を得られることを前提にした家計の設計というのはどんなものでしょうか?

先ず節約の第一歩は、家計簿やお小遣い帳を付けることから始めてはいかがでしょうか?

パソコンソフトなどでもいろいろ便利な家計簿ソフトや財産管理ソフトが出ています。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。

関連: いろいろな家計簿ソフト  amazon