節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

節約は嫌い

正直に言うと、わたし節約なんて嫌いです。
こんなことを言うと何なのですが、自分で節約していると思ったことすらありません。

「無駄使いばっかりやっているやつが節約を語るのか!」と思われるかもしれませんが、それも違います。

ガマンして節約も嫌いなのですが、無駄なお金を使うのはもっと嫌いなのです。

学生の頃、学食ではいつも一番安い素うどんとかかけそばばかり食べていたことがあります。
もちろん素うどんやかけそばが大好きだったからではありません。
友人のなかには、それを冷やかす者もいました。
学食のおばちゃんにもよほどビンボーだと思われたらしく、時々ちょこちょことサービスして貰うくらいでした。
 ですが、実はお金がないから素うどんを食べていた訳ではなかったのです。

普段は、大学の外のレストランなどでフレンチだとかエスニックだとか好きな食事を取ることが多かったのですが、学食の食事はとても不味かったので仕方なく学食で食事を取らなければならない時は、一番安いものを食べていたのです。
 不味い(無駄な)モノに1円でも余計にお金を使うのが嫌だったのです。

どんなものにでも、幾らでもお金を使える人はまずいないと思います。
そうであれば、「自分には不要なものには1円でも惜しみ、その分必要なものや本当に使いたいものに自由にお金をかける。」これが大事なのではないでしょうか?

例えば特に食べたい訳でもないのになんとなく割安と言う事で、セットで頼む。(割安なのかも知れませんが金額は高くなります。)
別に食べたい訳じゃないのに、一番安いコースは恥ずかしいという事で真ん中の値段のコースを注文する。(飲食店はそのことを計算に入れて価格設定しています)
そういう人ってとても多いのではないでしょうか?

わたしは腹具合とか、特に食べたいと思わなければちゅうちょ無く一番安いものを頼んだりします。
そんなどうでもよい無駄なお金を使うくらいならば、その分を食べたいと思ったものがあった時に高くても我慢しないで使いたいからです。

別に食事に限ったことではありません。
普段の買い物でも生活でも同じようにしています。

ただ単に無駄だと思うものや必要がないと思ったものには、見栄とかそういうことを全く気にしないで、お金を使わないようにしているだけなのです。

ですから自分では、我慢して節約しているどころか、全く節約しているという気もありません。

使っていない部屋の電気が点けっ放しになっていても、何も良いことはありませんし、
こまめに無駄な電気を消したからと言って、苦労や我慢が必要な訳ではありません。
無駄に使ったお金は、一つ一つは小さくても積み重なると大きなお金になります。

そのお金を好きな事に使った方がずっと楽しいと思います。

ですから、それを節約と言われればそうかも知れません。
そうならば節約と言うのは全く辛くもありませんしビンボー臭くもありません。

それよりもなんとなくだらだらと必要のないお金を使い続けて、必要な時にお金を出せなかったり我慢しなければならない方がずっと辛くてみじめな気がします。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。