節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

圧力鍋の選び方

実は圧力鍋を買おうとした時に、メーカーはいろいろあるし、同じメーカーからでも似たような圧力鍋は一杯あるし、似てそうなのに値段がかなり安いものから高いものまでいろいろ多すぎて、結局どの圧力鍋を買って良いのか分からなくって困ったことがあります。

ほかの人もきっと同じだろうと思って、その経験を活かして圧力鍋の選び方というか選ぶポイントをまとめてみました。

圧力鍋の大きさ

圧力鍋を買う時に注意しないといけないのが、大きさです。
鍋などを買う時に容量が4.5Lとか6Lといった様に明記してあります。
これをつい普通の鍋と同じような感覚で選んでしまいそうですが、圧力鍋の場合は、最大でも容量の2/3程度までしか入れられません。

これは圧力鍋の蒸気の逃げ道が詰まらないようにするためです。
ですからその分も考えて大きさを選ぶ必要があります。

圧力鍋のメーカー

一見、けーカーなんて自分の好みの圧力鍋が見つかったらどこの会社でも良さそうな気がします。
ですが、圧力鍋に使うパッキンは、消耗品なので傷んできたら交換する必要が出てきます。
といっても数年程度は大丈夫みたいです。

という事は、あんまり良く分からないようなメーカーの圧力鍋を買ってしまうと、パッキンを買おうと思ったら、その圧力鍋を売っていたメーカーがなくなっているなんてことにもなりかねません。

圧力鍋は普通の鍋よりも高価ですから、出来れば長く使いたいですよね。
そういう意味では、きちんとしたメーカーの圧力鍋を選んでおいた方が良いと思います。

それから、きちんとしたという点では、あまり安いものやよくわからないメーカーのものは安全という点でもやめておいた方が無難だと思います。
圧力鍋は高い圧力を利用するものですから、しっかりした作りでないと危険です。

具体的なメーカーとしては、
FISSLER(フィスラー)
WMF(ヴェーエムエフ)
T-fal(ティファール)
この3社が結構人気があるみたいです。

ただしT-falに関しては、圧力鍋で人気というよりも鍋全般などで人気といったような気がします。

圧力鍋という事で見ると
FISSLER(フィスラー)
WMF(ヴェーエムエフ)
がかなり評価が高いみたいです。

特にfisslerは160年の歴史のあるドイツのブランドだそうです。
という事で、わたしも文句なしにfisslerにすることに。(笑)

ですが、このfisslerの商品を見ると同じような、圧力鍋みたいなのに、
ロイヤル、
ブルーポイント、
ニュービタクイック
という3種類のシリーズがあるみたいです。

価格的には ロイヤル > ブルーポイント > ニュービタクイック となってます。

いったい何がどう違うのかさんざん苦労して調べたんですが、
ロイヤルは圧力の高圧と低圧の切り替えがダイヤルで出来る。
後のは自分で調整みたいです。
それからロイヤルは安全面で、安全スライドロック機能だけでなくさらに安全バーのオートロック機能が付いているので初心者でもより安全と。

要するに、初心者はロイヤルを買っておけば間違いはないみたいです(fisslerの方でも初心者にはロイヤルを勧めてるみたいです)。

ただ価格的には、どこか安いところがないかと思って調べてみたんですが、人気ブランドだけあって、どこも割引は横並びみたいです。

fisslerの圧力鍋

WMFの圧力鍋

T-falの圧力鍋

楽天市場で圧力鍋を探す

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。