節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

映画代を節約する方法

映画好きの人のための映画代を節約する方法です。

映画がそれほど好きでない人にとっては、映画館じゃなくって「レンタルすれば安いじゃん。」とか、「テレビで放送するまで待てばタダになるでしょう。」ってことになるのかも知れません。

ですが映画館のあの迫力で見るのが良いとか、いち早くみたいなら映画館ということになると思います。

そこで映画館で観る映画のお金をいかに節約するかと言うお話しです。

なんと言っても一番良いのはタダで観れれば良いのです。
ではどうやればタダで観れるのかというと、試写会ですね。

試写会というと「どうせ当たんないでしょう.」と思っている人が多いようですが、実は試写会って結構よく当たります。(もしかしたら当たりやすい属性とかがあるのかも知れません。)

わたしも前はよく試写会に行っていたのですが、いつの間にか、自宅でゆっくりお酒でも飲みながらDVDで観るってのがお気に入りになってしまいました。

でも試写会の何が良いのかって言うと、単にタダで観れるということだけでなくて、いち早く映画を観ることが出来ます。

そして最近は、あまりないみたいですが、前はお土産を貰ったりとか、関係者などのあいさつがあったりと、普通にお金を払って映画を観るよりもずっと良い事がたくさんありました。

今までは、なんとなく見過ごしていたかもしれませんが、これからはちょっと気を付けていれば、試写会ってかなりたくさんやっているのが分かると思います。

試写会がダメでも

さて、せっかく試写会に応募してもハズレたり、試写会自体やっていなかった場合も、まだそのままチケットを買ってはいけません。

あなたの観たい映画が邦画ならラッキーかもしれません。
特に大作とか、さらにその割に明らかに人気がなさそうな映画、これならかなり可能性が高くなるのですが、金券屋に直行してみましょう。

取引先の企業などに無理やり押し付けられた大量のチケットが、押し付けられた企業が処分に困って金券屋に持ち込まれることも少なくありません。

そうなるともうタダ同然かも知れません。

わたしが見た一番すごかったのが、50円(100円だったかも?)というのがありました。
2,3百円程度と、レンタルで観るよりも安く映画を観ることが出来ることあります。

さらにそこまで、安くなかった場合、
チケットをそのまま金券屋で買ってもそれなりに安くなると思います。
ですがその前に、
あなたが観たい映画がどこの映画館で上映されているのかを思い出して下さい。
もしかしたら株主優待券が、映画のチケットよりも安く売っているかもしれませんよ?

そしてその次が、金券屋で前売りを買うという順番です。

  1. 試写会でタダ
  2. 不人気チケットを激安でゲット
  3. 株主優待が安いかも
  4. 金券屋でチケット
  5. 普通に前売り
  6. 当日買う

映画を安く見るための優先順位としては大体こんな感じだと思います。

それから、
レディースデイ、
映画の日、
シルバー料金、
などというように1千円程度で映画を観ることが出来る、サービスデイを儲けていたりします。

他にも映画館で友の会などを設けていて会費を払うと、1回分タダ&1年間は特別割引といった様なことをやっているところもあるので、あなたのよく行く映画館もチェックしてみると良いと思います。

もうひとつ意外に気が付かないのが、あなたの持っているクレジットカードやショッピングカードです。
モノによっては、提携して割引で映画を観れるようになっているものもありますよ。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。