節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

食パンを美味しく保存する方法

食パンがスーパーなどで特売になっていたり、期限が短くなってきて割引価格になっている事ってありますよね。

ですがせっかく安いので、節約のつもりで多めに食パンを買っても、期限内に食べることが出来なければ、節約にはなっても全然美味しく食べられない。
パンがぼそぼそに硬くなったり、傷んだりして残して捨ててしまえば節約どころの話じゃありません。

かと言って食パンを冷蔵庫に入れると、出来たての食パンでも一気に乾いてぼそぼそになってしまいます。
ですから、食パンは保存が利かないと思っている人も多いようです。

実は、食パンは冷凍すると長く保存することができます
これだと全然ぼそぼそになりませんので長く、そして美味しく食パンを保存できます。

もちろん美味しく保存するコツは、期限が迫ってからでなく早目に食パンを冷凍保存することです。
これで美味しく食パンを食べつつ節約にもなるという訳です。

それから、買い過ぎてあまった食パンで、パン粉を作ったり、クルトンにするというのもおススメです。
こちらも一度お試しを。 パン粉だとかクルトンを別に買うよりも安上がりですので断然節約になります。

食パンの1斤ってどれくらいの量

ところで、わたしは最近まで、食パンの1斤と言うのは、切り分けてない標準サイズがあって、それが1斤だと思っていました。

でも考えてみれば1斤というのは重さの単位(600g)です。
「おや?」パン屋で1斤で売られている食パンって、全然600gなんてなさそうな気が?

と思って調べてみました。

食パンの1斤と言うのは、けっこうアバウトみたいで、340グラム以上が1斤だそうです。
なんでも昔は、食パン1斤はもっと大きかったのが、だんだん小さくなったとか.

そういえば、話はそれまくるのですが、ビールの大瓶って内容量は633mlです。
なんだか半端な数字ですよね?
かと言って外国の何かの単位に合わせたという訳でもありません。

聞いたところによると、ビール瓶1本の内容量は、ビールが日本で普及し始めた明治だか大正の頃(だったと思う)は内容量がバラバラだったそうです。
それが一番少ない内容量で売っていた会社の量に、各社ともだんだん収束していったのだそうです。(笑)

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。