節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

ビール代がタダ

今回は、ビール代が安くなるどころかタダというお話です。

冗談抜きで、ビールがタダで飲めます。

簡単に言うと、ビール工場に見学に行ってビールを飲もうと言うお話です。

ビール工場の見学と言うと、なんだか特別な手続きとかあって、大きな団体で無いと申し込めない様に思っている人も少なくないと思います。
でもビール工場の見学は工場によっても違ってきますけど、ふらっと立ち寄っても大丈夫な所も少なくありません。

また事前に予約が要るビール工場でも、電話で予約するだけで、レストランなどの予約と同じようなものです。 それから団体でなくとも個人でも大丈夫です。

ビール工場は楽しい

ビールの工場で見学出来る様になっているところは、ちゃんとコースが出来ていて、「ビール工場でビールの出来る様子が見学出来る」様になっています。

『ビール工場を見学して何が楽しい?』と思う人もいるかもしれません。
でも、工場によっては、 見学する敷地内が公園みたいな感じで散策出来る様になっていたりしてちょっとしたアミューズメントパークみたいで楽しいんですよ。 第一無料だし

ビール工場によっては、併設のレストランなどがあるところもありますので、きれいな緑を眺めながら、美味しい出来たばかりの新鮮なビールと料理を堪能できるところもあります。

何しろ工場で出来たばかりの新鮮なビールはとても美味しいのです。
わたしは、結構ビール工場見学にはまっていて、あちらこちら旅行などに出掛けたときに、近くにビール工場があったらつい見学に出掛けたりします。
 多分10ヶ所くらい見学したのではないかと思います。(笑)

ビール工場で無料でビールが飲める

ビール工場の見学で、一番嬉しいのは、見学が終わった後のビールの試飲ですね。

これは、工場によっても違うのですが、一定時間、無料で何杯でも自由に飲めるというパターンが多いみたいです。

場所によっては、非常に安い金額で、時間に関係なく飲めるところもあります。

大体どちらもちょっとしたオツマミも付いてくると思います。
 さらに、お酒が飲めない連れの人とかのために、ジュースなども用意してあると思います。

ビール工場というと郊外に行かないと無さそうですが、工場でなくて、記念館だとか資料館みたいな感じで、見学と試飲が出来る所もあります。

例えば、東京の恵比寿ガーデンプレイスのあたりにもあったと思います。

一度皆さんもビール工場見学どうでしょうか?

  • かんたん度:    簡単さの度合い
  • 節約の効果:    節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。

関連: 食パンを美味しく保存 でビールの大瓶が半端な633mlな訳もお話ししてます。