節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

ビール代をちょっぴり節約する方法

今回は、ビール代を減らす、節約方法について考えます。

「ビールを発泡酒に切り替えるとか、第3のビールにすると節約になりますって。」そりゃあそうでしょう。
 それじゃあ、焼酎にするとか、いっそのこと水を飲めば、めちゃめちゃ節約になりますよね。 健康にも良いし。

って、それじゃあ、ミもフタもありませんよね。

まあ細かいところでは、同じ量を飲むのならば、レギュラー缶3本よりロング缶2本にするとか、缶より瓶にすると多少割安になるなどという方法もあります。

ただしよく言われるレギュラー缶(350ml)よりもロング缶(500ml)が割安なので節約になるというのは、あまりあてには出来ません。
なぜかというと、それはあくまでもそのビールが標準価格で売っていると考えた場合です。
安売りのお店などでは、レギュラー缶の方が圧倒的に売れるので、安売り価格としてロング缶よりも割安に値段を付けてあることが少なくないのです。
ですからどちらが節約になるのかはその都度確認した方が良いでしょう。

最初の1本目はビールにして、酔っ払って味があまり分からなくなった後は、発泡酒にするという方法はどうでしょうか?

それでは、そんな方法ではなくってもうちょっと変わったビール代の節約方法をお話ししましょう。

たぶん他では見たことも聞いたこともないと思いますが、
ちょっと変わった方法で、市販の第3のビールよりもさらに節約する方法です。

まず、ノンアルコールビールを用意します。
定価で買っては元も子もありませんが、アルコールではないので、安売りをしているところで買うとかなり安く買えると思います。

「アルコール入ってないんじゃダメじゃん.」って思うのは早すぎますよ。

発泡酒や第3のビールは、原材料に法律上の制限があるので、
どうしてもビールとは同じ原材料には出来ません。

一方、ノンアルコールビールは、アルコールが入っていなければ良いので、ビールと同じような原材料を使うことには問題がないのです。

ここでとにかく美味しいノンアルコールビールを選ぶことが重要です。

次に、これにウォッカなどの様な、アルコール度数が高くて、お酒自体の味にクセのないものを適量混ぜれば出来上がりです。

ただし、ウォッカなどを選ぶ時は、
とにかく安いものを選ばないと、かえって高くついてしまって全然節約になりませんので、念のため。

  • かんたん度:    簡単さの度合い
  • 節約の効果:    節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。

関連: 食パンを美味しく保存 でビールの大瓶が半端な633mlな訳もお話ししてます。