節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

ジェットウォッシャーでデンタルケア

前回の電動歯ブラシに引き続き、今回はジェットウォッシャーでデンタルケアの話です。

ジェットウォッシャーは使わなかったのを後悔した

ジェットウォッシャーがどういうものかというと、水に高い圧力をかけて小さなノズルから噴き出させて、歯と歯の間や歯茎などの細かいカスを吹き飛ばそうというものです。

最初に使ってみて驚いたのが、圧力をかけるのでちょっと音がうるさかったことです。

そしてかなり激しい勢いでノズルから水が噴出されるので、水がけっこう周りに撥ねてしまいました。
ですが、こちらの問題はノズルを持つ反対の手で口を覆うようにして使うことであっさり解決しました。

そしてそのジェットウォッシャーの効果と言ったら、先に散々褒め称えた超音波歯ブラシですが、これできれいに磨いたあとでジェットウォッシャーを使うと、歯と歯の間に詰まっていたのでしょうか、とても小さなカスが出てきたりします。

まあ考えてみれば当たり前なのですが、どんなに歯ブラシできれいに磨けたとしても、毛先が届かない部分を磨くことはできません。

そして、歯と歯の間なんて、ブラシでは絶対に届かないでしょう。

ということは歯をどんなにきれいに磨いたつもりでも、ブラシの届かない歯と歯の間や歯茎の隙間には小さなカスが必ず残っているのですから、それは虫歯になったり歯周病になったりするのはむしろ当然かもしれません。

そしてジェットウォッシャーを使い始めて本当に驚いたのが、最初のうちの数日は、水圧を弱くしていても痛かったのですが、1週間もしないうちに全然痛くもなんともなくなったのです!
これは慣れたからでなくって、歯茎の色が健康そうなきれいな色に感じるようになったので歯茎が健康になってきたからではないかと思います。(他の人の使った感想などをみると、人によってはなんか変なのがドロドロと出たりする人もいるみたいです。)

ちょっと温かめの水でジェットウォッシャーを使うと、なんだか歯茎をマッサージしているような感じで、結構気持ちが良いです。

ホントに今じゃジェットウォッシャーが手放せません。  旅行などに行くときは本当に持ち運びたいくらいです。

つくづく思うのが、もしもジェットウォッシャーと超音波歯ブラシを小さい頃から使っていたら、もしかして一生虫歯には縁のない人生だったかもしれないなあということです。

小さい頃に戻れたら、「こんなすごいのがあるからすぐに買って下さい」と親に言ったに違いありません。
そのことに耳を貸してくれなくっても、お年玉を握りしめてでもすぐに買いに行ったでしょう。

とにかくすぐに使ってみて下さい。 感動間違いなしです。
特に、あなたにお子さんがいらっしゃるならば、強制的に使わせて下さい。
将来必ず感謝されることでしょう。

実はわたしも今にして思えば、中学か高校くらいの時だったと思いますが、友人に医者の息子がいて、ジェットウォッシャーを絶賛していたのを思い出しました。(中高生の会話とも思えませんが.)
その時には全く気にも留めなかったのですが.
世間で普通に歯医者に行っても勧められないのは、「商売あがったりになるからでは?」なんて、いまでは思っています。

ただ歯を磨くものではなくって、隙間の汚れを落とすものなので、歯ブラシの代わりにはなりませんん。
ぜひセットで使うべきだと思います。

それからデンタルフロス(糸ようじ)などもありますが、こちらは歯と歯の隙間が広がったり、直接こするのであまりよくなさそうな気がします。

ジェットウォッシャーの選び方

いくつかのメーカーから出ていますが、パナソニックのドルツとオムロンの物が人気のようです。
ですがパナソニックのドルツの方が人気が高いようです。

オムロンの方はパナソニックのものよりも水を入れるタンクが大きいのと水圧がより強くできるのが人気のようです。
ですが、壊れやすいらしくかつ修理代が高いので買い替えた方がマシとの書き込みをいくつも見かけました。

実際問題、水を入れるタンクが大きいとその分置く場所がとても邪魔になるように思います。
小さいといってもちょっと水道から補充するだけですし、何度も補充することはないと思います。
わたしもパナソニックのドルツを使っていますが、途中補充することがないか、あっても1回です。
第一、別に面倒でも何でもないので場所もとらないこちらで正解だったと思っています。
また水圧についてですが、パナソニックの方でも最強にして使ったことは1度もありません。

それからジェットウォッシャーも。専用のノズルがとても安く出ていますので、家族分揃えて使うと良いと思います。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。