節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための一人暮らしの節約術を提案します。

部屋を必ず下見するワケ

部屋探しをするときに、「時間が無い」、遠くなので「大変」という理由で、実際に借りる部屋を自分の目で確かめないままに契約する人もいるかもしれません。

部屋の様子は写真である程度確かめることが出来ます。
また最近では、インターネットを使って地図どころか写真でマンションの周りや通りの道まで確かめることもできます。

ですがそれでも部屋を契約する前に自分の目で確かめることを強くお勧めします。

部屋を借りるというのは単に建物の生活スペースを借りるということではないのです。
その建物のある周辺の地域環境を含めて生活を変えることなのです。

わたしが実際に経験したことなのですが、結構良く知っている地域から歩いて数分のところにある物件が出た時の事です。

建物の内外の写真や資料などを見るととてもよさそうなうえに価格も結構手頃でした。
良く知っている地域から歩いて数分でもあり、もう間違いないでしょうというつもりで、内心は契約するつもりでした。

まあ見るまでもないだろうと思いつつも、念のため物件を見に行ったのですが、周辺の地域とは打って変わってその物件に行くには、雰囲気の暗い狭い路地を通り抜けなければならず、夜ならば女性一人で通るのはかなり怖そうなところだったのです。

また他のところでもお話ししたように、マンションの上の方の階で角部屋で2面が広いバルコニーになっている物件の時も、上の階でもあるし図面ではかなり良さそうに見えたのですが、実際には横にぴったりと大きなビルがくっついていて一日中部屋は真っ暗という物件もありました。

不動産広告や図面を見ても良いことは書いてあっても、悪いことは(法律で義務付けられていなければ)まず書かれている事はありません。

とにかくどんなに良さそうに見えても実際に自分の目で確認してみないことには分からないということですね。
まあ逆に各種条件を見るとお話しにならなさそうだったのに、実際に見ると掘り出しものだったということもあったりしますが。(笑)

あとは、マンションやアパートは複数の人で利用するので、管理や他の住人によっても大きく影響を受けてしまいます。

ですが、他の住人がどんな人かをチェックして回るというのは現実的ではありません。

ではどうやって確かめるのかと言うと、駐輪場やエレベータ、ゴミ置き場、郵便受け辺りを見ると建物全体の住人の意識がなんとなくわかるものです。

部屋の下見に行くときは、忘れないようにあらかじめチェックしたい項目をメモしたものを持って行き、確認しながら部屋の下見をすると良いと思います。
また後から複数の部屋を比較するときに分かりやすい様に、それぞれの部屋を見たときのコメントなども書き込むようにしておくととても助かります。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。