節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

レジ袋とエコバッグ

最近、スーパーに行くと、レジ袋が有料のところが増えてきています。
『環境のためにレジ袋を使わないでエコバッグを利用しましょう』という事だそうです。

なるほど、確かに環境とか資源とかのことを考えると、レジ袋を出来るだけ使わないようにした方がよさそうです。

でもですよ、「これって本当に良いことなのかな?」ってなんとなくもやもやとした気分です。

どうしてかって言うと、
レジ袋を貰わずに、わざわざ新しく用意したエコバッグで買い物をして、
今度はわざわざゴミを捨てるための専用の袋を新品で買って、ごみを入れて捨てる。

「わざわざ捨てるために新品の袋を使うって、本当に良いことをやっているのかな?」

それよりも、「エコバッグなんてわざわざ使わなくって、そのままレジ袋に買い物したもの入れて、ごみに出す時にもその袋を再度使った方が良いのでは?」って気がするんです。

それに、ゴミ捨て専用の袋と、レジ袋だと、どういう訳かぜんぜん違う材質の袋ですよね。

環境負荷とか資源ということを考えるとどのような違いがあるのか分かりません。
でも、少なくともゴミ捨て専用の袋に比べてレジ袋ってものすごく安いんですよね。(スーパーで払う金額でなく、レジ袋を商品として買う場合の事です。)

「製造などでどちらかがものすごく手間がかかるとも思えないので、そうすると価格の差はレジ袋の方が資源としての価値が低いから、原材料費が安いということではないのかな?」という気がしています。

でも本当のところは、どちらが良いのか調べてみたんですがよく分かりませんでした。

あなたはどう思いますか?

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。