節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

節約と掃除の関係

別のサイトで、お金持ちと貧乏な人のそれぞれの共通の特徴について書いていたのですが、お金持ちや貧乏な人には、単なるイメージだけでなく、実際に共通の行動や特徴といったものが確かにあります。

そこで、その中で結構節約ネタと関係のありそうなこともあるので、こちらの節約ネタでも少しお話したいと思います。

その共通の特徴の一つが、「お金持ちは家がきれいで掃除が行き届いている。」
そして「買ったものを長く大切に使う人が多い。」

逆に貧乏な家では、「モノがあふれていて掃除なども行き届いていないことが多い。」
下手をすると部屋などのそこらへんに小銭が散らばっていたりします。

そういえばお金の使い方というか財布などをみるとお金に困っている人に限って、財布に何が入っているのか分かりませんがパンパンに膨らんでいたり、お金を無造作に財布やポケットに突っ込むという人が多いんじゃないでしょうか?

逆にお金を持っている人の財布は、まず間違いなく中のお札も、種類や向きを揃えてきれいに整理されています。

モノにしてもイメージ的には、お金持ちの方が最新型の家電製品などがあふれていそうな感じですし、貧乏なのにモノであふれているというのも変な気がします。

「ケチくさい」とか「せっかくお金を稼いでも使わなければ意味がない」
といったことをいう人がいますが、そういう発想の人は、それなりのお金を手に入れることもないでしょうし、もしもあったとしてもお金を維持することはできないのではないでしょうか?
ケチくさいという人に限って見栄を張るのにお金を使うのに追われて、自分の使いたいことにお金を使えないのではないでしょうか?

節約をするという人でも、お金に困ったときにだけ慌てて節約を意識する人が多いようです。
でも、ちょっとお金に余裕が出てくると、「節約なんてケチくさい」と言った感じで、あっという間に元に戻ってしまう人も少なくありません。

だいたい収入が2,3割増えた程度なら生活を変えるべきではありません。
支出を増やすのはとても簡単ですが、減らすのは並大抵では出来ないのです。

キチンと掃除とか整理整頓したりするのは、節約というか物を大切にする心がけだと思うのです。

別に財布の中のお金の向きを揃えるからお金持ちになるとか、部屋を奇麗に掃除するとお金持ちになれるわけではないと思います。

ですがそういう心がけの出来る人が、お金を貯めるとか、お金持ちになるのではないかと思います。
そう考えていたら節約って大事なことだって思えませんか?

それじゃ先ずはお部屋の掃除から始めますかね。(笑)

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。