節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための貯蓄や節約術を提案します。

カンタン貯金で節約

あなたは順調に貯金が出来ていますか?
それとも、「貯金したいのに、節約しているのに、ぜんぜん貯まらない.」って思ってませんか?

大体、貯金が思うように行かない人の場合は、月々の支払いをして、節約に励んで、残ったお金を貯金しようとしている人が多いと思います。

ですがこの貯蓄方法だとなかなか思うように貯金出来ないみたいです。
もちろん全然節約に励まなければ、さらに貯蓄は厳しくなると思います。

じゃあどうすれば良いのかというと、
収入が入った時点で、最初に決めた貯金の分を引いてしまいます。
積み立てなど強制的に貯金できる方法が一番簡単です。

そして、家賃など必要な経費を引いた残りで生活して、
更に節約に励んで、それで浮いたお金ももちろん貯金に回します。

とまあ、このくらいは良く聞く貯金方法だとは思いますが、
それでは実際には「どれくらい貯金に回せば良いの?」って思っている人が多いと思います。

貯金というか別に投資などでも構いませんが、
最低ラインは収入の1割を貯蓄です。

お勤めの人なら月々の収入1割を貯金に回して、ボーナスなしで出来る生活水準を心掛けます。 もちろんボーナスは全額貯蓄です。

お勤めでなければ、もボーナスはないので、単に収入の1割ですね。

もしも、あなたが現在、貯蓄に回しているお金が収入の1割にも満たない場合は、貯金節約の劣等生です。

収入に見合った生活が出来ていないと言えると思います。

実際にやってみれば分かりますけれど、先に1割程度のお金を強制的に貯金に回すようにしたとしても、生活を切り詰めているとか、生活のランクが落ちたという気はしないと思います。
たぶんほとんど変わらないと思うハズです。

あくまでも1割は最低ラインなので、
収入にもよりますが、3割を貯蓄に回すのを目標に出来れば良いのではないでしょうか?

因みにわたしの場合は、
目標は「消費税以下で生活する!」です。

どういうことかというと、現在は消費税の税率は5%なので、5%以下(収入の)を生活費などに回して、残りの95%は貯蓄(というか投資ですが)に回す。
あくまでも目標ですよ。(笑)

金額で考えるとどうしても「収入が少ないから節約できない.」って言う発想になりがちです。
でも割合で考えればそんなことはありませんよね。

そして「たったそれくらい貯金しても.」って言うのも間違いです。
最初は少なくても、金額がだんだんまとまって大きくなって行くと、お金の増え方が加速して行くからです。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。