節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための貯蓄や節約術を提案します。

貯金と預金の違いとは

お金を金融機関に預ける時に、貯金とか預金って言ったりしますよね。

でも、この貯金と預金の違いって分かりますか?

貯金と預金の違いとは、預ける金融機関の違いです。

郵便局など(農協、漁協)で取り扱うのが貯金。

それ以外の金融機関、銀行、信用金庫、信用組合などで取り扱うのが預金です。

現在では特に貯金と預金には違いはありませんが、もともとは貯蓄を目的としていたので貯金。
それに対して銀行などでは、決済が目的だったので預金と言うことらしいです。

日常でも、貯金箱とか言いますが、預金箱とは言いませんよね。 ヘソクリ貯金とは言いますが、ヘソクリ預金ともいいません。
貯金という言葉の方が断然、日常的に使いますよね。

前は政府の郵便局を銀行などよりも優遇するために、金利に差がつけられていました。
そんな感じですから、貯金と名乗れるものと名乗れない預金といった感じで、「銀行法など関連法規での縛りがあったんじゃあないのかな?」なんて思います。(あ、この点はわたしの想像で根拠はないです。 ちょっと気になって関連法規を読んでいたのですが、途中で挫折してしまいましたので.)

まあ今回は違いを知ったから、どうなんだというお話しでした.

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。