節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための節約術を提案します。

医療費控除で節約

普段病気がちでなくても、病気やけがなどで医療費がたくさん掛かることもあると思います。
また出産や小さなお子さんがいる場合なども何かと医療費が掛かりがちだと思います。

医療費が掛かった時は、条件を満たすと医療費控除と言って、税金が安くなったり源泉徴収などの分から、税金を還付して貰えます。

では具体的にはどうやったら医療費控除で税金を節約出来るでしょうか。

確定申告で医療費控除を申請する必要がありますが、年間で10万円以上の医療費が掛かった場合が税金の控除対象となります。

この年間というのは、1月1日からその年の12月31日までの間のことで、1日でも過ぎると翌年の分として計算しなくてはなりません。

そしてこの医療費というのは、病院に掛かった分の費用だけでなく、薬局、病院などに掛かるために使った交通費なども認められるものもあります

一般的に医療費は10以上万円でないと医療費控除を受けられないと思っている人が多いと思いますが、10万円以下でも医療費控除を受けられる場合があります。

10万円以下でも医療費控除

年収が200万円以下の場合は医療費控除は5%がラインになります。

「なんだ、ウチはそんなに少なくないや.」と諦める前にもうちょっと。

例えばサラリーマンの夫の年収が600万円で、妻はパートで150万円だったとします。
そうすると医療費は本人だけでなく生計を一にする配偶者や親族のために支払った分も認められます。

ということは、妻の方で医療費控除を受ける場合は、収入が150万円なら5%で7万5千円がラインということになります。

ただし、医療費控除は、源泉徴収などで既に支払った税金が戻って来たり、払わなくてはならない税金から控除されるというものです。
ですから、もともと税金を払っていなかったり、払う必要がない場合にお金がもらえるという訳ではありません。
払っていない税金は戻ってくることはないし、払わないでよい税金が安くなることもないという事ですね。

税金関係の法律は、頻繁に変わったり、適用が微妙だったりするものも多いので、具体的なものは税務署などに確認してみて下さい。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。