節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

お風呂とシャワーではどちらが節約になるのか?

「お風呂とシャワーでは、それはシャワーの方が安上がりでしょう!」と思えますが、実際はどうなのでしょうか?

入浴するのに、水を沸かす費用と、水道料金が掛かりますが、お風呂であってもシャワーであっても同じ温度に沸かす費用は同じと考えます。
ですからどちらが得かは、水の使用量の多いか少ないかで判断します。

ではお風呂とシャワーでは、それぞれどれくらいの水が必要なのでしょうか?

バスタブの大きさはまちまちですが、だいたい一般的な家庭では200リットル前後が多いようです。

一方、節約型のシャワーヘッドなどもありますが、普通のシャワーヘッドでは、1分間に10リットル前後の水を使用するようです。

という事は、お風呂と同じ200リットルの水を使うのには、シャワーだと20分以上使わなくてはなりません。
家族全員の合計でシャワーを20分以上使う場合はお風呂の方が得だと言うことになります。

一般的な人は1度のシャワーで20分以上は使わないと思いますので、たぶんひとり暮らしの人は、シャワーの方が安上がりになると思います。
因みに一般的な人のシャワーの使用時間は10分程度だそうです。

まあ、お風呂に入っても頭を洗ったりとかでシャワーも使うと思いますので、2人だと微妙ですが、3人以上ならたぶんお風呂の方がお得になるのではないでしょうか?

節約かどうかは別にして、わたしの場合は、断然お風呂が好きで、お風呂に30分とか1時間近く入ることもありますので、シャワーの方が高くつきそうな気もします.

シャワーは、シャワーヘッドを節水型の手許で水流をコントロールできるものに変えるとけっこう無駄なお湯を使わなくて済みます。
ひとり10分シャワーを浴びるうち2,3分ほどが使わないのに面倒なのでお湯を流しっぱなしにしていたとすると、水道代とガス代をその分、節約できるので、1人当たり月に400円~500円の節約になる計算です。

  • かんたん度: 初心者 簡単さの度合い
  • 節約の効果: それなり節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。