節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

エアコンの電気代を節約

エアコンの電気代を節約すると言っても、我慢する節約は出来ればやりたくありませんよね。
ですから我慢しないで出来るエアコンの電気代節約方法についてお話しします。

エアコンのスイッチを入れる前に

例えば夏場の冷房。

外出から帰って来て部屋に入ると、マンションやアパートなどはムッとするくらい部屋が暑くなっていますよね。
そういう時は一刻も早くエアコンを入れたくなります。

ですがこの状態では、密閉された状態なので外よりも部屋の方が暑くなっていると思います。

ここでいきなりエアコンを入れると、余計に熱くなっている空気を冷やさなければならないので、電気代が余計にかかるのももちろんですが、時間もその分掛かってしまいます。

ですから、いったん窓などを開放して熱い空気を外に逃がします
それからエアコンのスイッチを入れるようにしましょう。

エアコンも日差しを避ける

次は日差しです。

 冬などは暖かい空気が外に逃げないように、カーテンなどにも注意する人もいますが、夏場はどうでしょうか?

強い日差しが入ってくるのを避けるために、よしずや、日中はレースのカーテン、夜は普通のカーテンもするようにしましょう。
熱気が部屋の中に侵入してくるのを和らげることができます。
もちろん冬場はカーテンで暖かい空気が冷やされるのを和らげます。

そしてこの日差しですが、実は室内だけの問題ではありません。

エアコンの冷房は室内機だけでなく室外機も重要です。
室外機に強い日差しが当たっていると熱交換の効率が悪くなってしまいます。
ですから、室外機も日よけをした方が良いのです。

ガーデニングやホームセンターなどのお店では、室外機用の木製の感じの良いカバーなども売っています。
ただし排気を妨げないようなモノを選ぶようにして下さい。

まあ無理にカバーでなくて単に強い日差しが当たらないようにすれば良いのですが。

我慢しない設定温度

そしてエアコンの冷房の設定温度。
1℃設定を弱くするだけで、エアコンの電気代が1割程度安くなるとも言います。

ですがただ、1℃設定温度を高するのでは、我慢が必要になってきます。
もちろんエアコンが効き過ぎないように温度設定を調節するのは当然です。

でもこの設定温度も、我慢しなくてもかなり電気代を節約する方法があります。

それはエアコンだけを使うのではなくて、エアコンと扇風機を併用するのです。
エアコンをつけて扇風機を回すとかなり強烈に涼しくなります。

エアコンを点けた上に扇風機までと思うかもしれませんが、エアコンの消費電力が1500Wだったとしましょう。
一方、扇風機はというと、30W前後くらいではないでしょうか?
エアコンが常時フル稼働している訳ではありませんが、単純に比較すると実に50分の一の消費電力です。

エアコンの設定温度を1℃上げて1割の電気代節約どころか、涼しいままで数℃は設定温度を高くすることが出来ると思いますよ。

本当は天井に取り付けるシーリングファンというので、天井付近に上がって来た暖かい空気をゆっくリかくはんするというものがあります。
これは見た目とは裏腹にかなり効き目があります。

それから最近は扇風機でなくて、サーキュレーターがかなり人気です。
冷房だけでなく暖房でも効果があります。

エアコンのフィルターを掃除する

エアコンを使っていると、フィルターが汚れて詰まって来ます。

このエアコンのフィルターが汚れていると、5%~10%くらい効率が悪くなるそうです。

そうすると同じ設定温度にしても余計に電気代が掛かってしまいます。
ですからこまめにフィルターを掃除する必要があります。

目安としては2週間に1度くらいフィルターを掃除した方が良いそうです。

面倒ならまあ1ヶ月に1回くらい。
最低でもシーズンに入ったら使い始める前に1回はフィルターを掃除しておいた方が良いともいます。

  • かんたん度:       簡単さの度合い
  • 節約の効果:   節約効果の度合い節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。