節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

電気の契約アンペアを見直す

電気の契約アンペアを変更するのは超カンタンな電気代の節約になります。

先ず自宅の契約アンペアを知るには、電気料金の明細表を見るか、ブレーカーを見ると分かります。

ちょっと東京電力の場合で見てみましょう。

  • 10A  273円
  • 15A  409円50銭
  • 20A  546円
  • 30A  819円
  • 40A 1092円
  • 50A 1365円
  • 60A 1638円

このように契約アンペア数が増えるほど基本料金が高くなります。

ですから、もしも必要以上のアンペア数で契約していれば、使いもしない分の料金を無駄に払い続けていることになります。
無駄な契約を見なおせば、一回電力会社に電話をするだけで、ずっと電気料金を節約できることになります。
 もちろん契約変更は無料で、取り換えなどを行う場合も何十分もかかりません。

でも自分の家ではどれくらいのアンペア数が適当なのかわからないと言う人が多いと思います。
ですから、まず自宅で一度に同時に使う最大のアンペア数がどれくらいになりそうかを知る必要があります。

例えば冷蔵庫は常時使っています。
 でもエアコンを2台設置しているけれど、居間と寝室なので同時に使う事がないとすれば1台分で計算すれば良い訳です。
一般家庭で、特に一度に電気を使うのは、エアコン、電子レンジ、ドライヤー、掃除機、アイロン、炊飯器などでしょうか?
(電気製品で特に電気を使うのはだいたい加熱する、冷却するなど熱がらみのものが多いと覚えておくとよいと思います。)

アンペアとワット

そのアンペア数の計算方法ですが、大雑把ですが、100Wで1Aで計算すると良いと思います。
エアコンが1500Wなら15A、電子レンジが1000Wなら10Aで合計25Aといった感じです。
まあ電子レンジは、使用時間が短いので、ほかのものと同時に使う機会も少ないとは思いますが。

ただあまりにぎりぎりのアンペア数で契約していると、頻繁にブレーカーが落ちて不便になりますのでほどほどに。

非常にカンタンな電気代の節約方法ではありますが、普通は何段階も下げることは出来ないと思います。
ですから金額的には、月間数百円程度の節約といったところでしょうか?
それでもほとんど手間はかかりませんから,
長い目で見れば節約の金額もバカに出来ません。

アンペア数の契約を見直す価値は大きいのではないでしょうか?

  • かんたん度:      簡単さの度合い
  • 節約の効果:    節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。