節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

待機電力とは

待機電力という言葉を聞いたことありますか?

待機電力とは、電気製品を使っていない(と思っている)のにコンセントにプラグを差し込んでいるだけで使われ続けている電力のことなのです。

なんとこの待機電力ですが、普通の家庭では消費電力の1割くらいになるのだそうです!

例えば、ビデオやテレビ、いつでもリモコンの信号を受信してスイッチを入れられるようにずっと待機電力を使っています。
まあビデオはタイマーなどがあるので仕方がないと言えば仕方がないのですが.

例えば電子レンジ、一日のうち実際に使うのはせいぜいホンの数分でしょうか?
それなのに一日中パカパカ点いてるタイマー機能もないデジタル時計。 いったい何の意味があるのか謎です?

洗たく機などもそうです。 どの辺で使ってるのでしょうか?

エアコン、いつでもすぐに作動できるように、使わないシーズンも24時間内部の潤滑油などを温めていたりします。

使っていない充電器やACアダプター。

ACアダプターというのは、電気製品とコンセントの間にある黒い箱みたいなやつですね。
あれなんかかなり待機電力の消費が凄いのではないでしょうか?

本体のメイン電源切っていようが何だろうがACアダプターが電気食ってます。
黒い箱の部分を触ってみると分かりますが、電気製品の電源を切っていても、冬場だとぽかぽか、夏場だと火傷しそうに熱かったりします。

必要もないのに年中無休で小さな暖房をあちこちにずっと点けっ放しにしているところを想像してみて下さい。

などなど、待機電力を使わない電気製品が少ないのかも知れません。.

待機電力を使わない

では待機電力を無駄に使うのを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

答えはカンタンです。

使わないものはコンセントからプラグを引き抜く。

タイマーなどで必要なものは仕方ありません。
テレビなどは、せめてメイン電源を切るくらいはやりましょう。

長期間使わない場合は、プラグを抜く。
しばらく使わない場合は、メイン電源を切る。

これくらいはやりましょう。

あといちいちコンセントからプラグを抜かなくても良いように、コンセントのところに個別にスイッチが付いている 節電用のテーブルタップ を使うとカンタンに節約できます。

  • かんたん度:      簡単さの度合い
  • 節約の効果:    節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。