節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

キッチンでのガス代を節約

今回はキッチンで使うガス代を節約しようというお話です。

ガスコンロ

ガスコンロ

お宅で使っているガスコンロ、ちゃんときれいにしていますか?
キチンと掃除をしていないと、コンロのバーナーが目詰まりしたりします。
目詰まりすると、燃焼効率が悪くなってしまうので当然ガス代が余計に掛かってしまいます。

目詰まりで1割とか2割燃焼効率が悪くなると言う事は、ガス代も1割とか2割余計に掛かってしまうと言うことになります。

ガスバーナーの専用のブラシなんかも売っているみたいですが、使い古しの歯ブラシで充分ではないかと思います。
時々はバーナーも目詰まりしない程度には掃除しましょう。

ガスコンロの炎

鍋やヤカンなどを火にかける時に、急いで過熱したいからって、炎を思いっきり大きくしていませんか?

ヤカンなどから炎がはみ出してしまっていると、単に空気を余計に温めていることになります。
もちろん、その分は早く加熱出来る訳でありません。
炎がはみ出さないように火にかけましょう。

あ、だからと言って弱火にすれば良いかというと、あんまり弱火だとそれはそれで熱効率が悪くなってしまいます。
調理上の理由から弱火にするのなら当然ですが、節約のため弱火にというのはナンセンスです。

水を切る

それから、鍋などを火にかける時に表面に水滴が付いていると、その分加熱に時間が掛かってしまいます。

表面に付いた水が気化する時に熱を奪って行くからです。
まあイメージとしては、注射する時にアルコールの付いた脱脂綿で拭くと、冷っとしますよね。 あれと同じことですね。

ですから、きれいに水を拭き取ってから火にかけると良いのでしょうけれど、面倒な時は、パパッと水を切るくらいはやりましょう。

  • かんたん度: 初心者 簡単さの度合い簡単さの度合い
  • 節約の効果: それなり  節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。