節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための光熱費ほかの節約術を提案します。

夜間電力の割引

夜間割引で夜間電力を使うと、半額以下という大幅な電気料金の割引になります。
その代り昼間の電気料金が割り増しになるのですが.

ですから、蓄熱や蓄電などで1日に必要な分を夜間に貯めておくエコキュートなどを利用することになると思います。

でもよく考えると、なんでこんなに夜間電力は安くなるのでしょうか?

それは発電した電気は、今使われないから後でというように取っておくことが出来ません。
「それならば、夜間の発電量を抑えれば良いんじゃないの?」ということになりそうなのですが、そう単純に行かない訳があるのです。

水力発電や火力発電などであれば、問題ないのですが、原子力発電は、出力を調整するのには非常に危険が伴います。
ですから原子力の場合は、安定した出力で稼働させなければなりません。

つまり水力発電や火力発電で調整したとしても、夜間はそれでもまだ原子力発電の分の電力があまるということなのです。

ですから捨ててしまうくらいならば安く売ってしまおうという訳ですね。
そしてあわよくば昼間のピーク時の消費電力を減らそうという訳です。

最近、環境のためにコンビニなどの夜間営業を減らそうなどと意味不明なことを言っている人がいるようです。

ですが、本当に環境のためというのであれば、
昼間のピークを下げて夜間の無駄に捨てているエネルギーを無駄にしないために、
むしろ昼間の営業を一部禁止にして強制的に深夜営業するようにすれば良いのです。

「そんなむちゃくちゃな!」と思われた人も多いと思いますが、
夜間の営業であっても同じではないでしょうか?
わたしには「ただ単に夜間なんて少数派なんだから、少数派は多数派の犠牲になるべきである。」という、考え方の様に思えます。

もしも夜間営業などを規制して行くと、すでにお話ししたとおりさらに無駄に夜間の電力を無駄に捨てるだけになります。
そして夜型のライフスタイルの人の一部を昼型にすることが成功したとすれば、さらに昼間の電力需要が増え、その分発電量を増やし、夜間はさらに大量に無駄に電気エネルギーを捨てるということになるのです。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。