節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

オール電化

最近オール電化ということをよく聞く様になってきました。
わたしの友人などのうちでもオール電化にしたところもちらほらとあります。

なんとなく「オール電化ねえ。」と聞き流していたんですが、これだけオール電化が普及してきているにはきっと訳があるはずです。

それでオール電化について調べてみました。

オール電化とは

まずオール電化とは何かというと、普通の家庭の中ではエネルギーとして電気、ガス、灯油などを利用しています。

これらの家庭で使うエネルギーをすべて電気にしてしまおうというものがオール電化です。

例えばガスコンロをIHクッキングヒーターに替えるとか、お風呂はガスや灯油で沸かすのを電気温水器に切り替えるといった感じです。

もちろん、わざわざオール電化にするくらいですから、当然理由があるはずです。
オール電化にするとどんなメリットがあるのでしょうか?

オール電化のメリット

いちばんのメリットは、家庭内で火をまったく使う必要がなくなるので、小さなお子さんや、お年寄りがいる家庭でも火災などリスクがほとんどなくなります。
ガスも使わないので、ガス漏れなどの心配もなくなります。

ガスの不完全燃焼で一酸化炭素中毒死という事がしばらく前にニュースなどで問題になりましたが、もちろんそのような悲惨なこともなくなります。

ですから、オール電化にすると非常に安全性が高まると言えます。

オール電化で節約

ですがたぶん安全性という理由だけでは、これほどオール電化は進まなかったと思います。
ひとはだれでもよほど差し迫った理由や目の前の利益が無いとなかなか行動に移せないものです。

まずストーブやガスコンロなどで、火を使わないということから、換気の必要性が減ることが考えられます。
窓などを開けて頻繁に換気をすれば、せっかくあったまった室内の空気を外に逃がしてしまいます。 また冷たい空気から暖めないといけないのでその分、余計に暖房が要ります。

オール電化では火を使わないので、頻繁に換気する必要がなくなります
その分熱効率はよくなります。

また逆に冷房などを使っている時の調理なども、ガスコンロだと周りの空気も温めてしまいます。
調理自体の効率も悪くなるのはもちろん、せっかく冷房で冷やしている周りの空気を加熱していることになりますので、やはり非常に効率が悪くなってしまいます。
(IHクッキングヒーターだと、直接フライパンなどの調理器具を加熱出来ますので、周りの空気を温めるという無駄はありません。)

このように熱効率よく使えますので、そういう意味でもオール電化はエネルギーの節約になります。

ただ問題は、灯油やガスよりも普通は電気は高くつくということです。

幾ら効率よくエネルギーを使って、エネルギー消費を節約できたとしても、ガスや灯油から電気の利用に置き換えたことによって、総合的に光熱費が高くなってしまっては,よほど環境に関心の高い人以外はオール電化にすることはないでしょう。

ですから、オール電化にするともっと直接的に節約になるという事です。

それでは、他に何が節約になるのかというと、ガス料金や電気料金などは、使用量にかかわらず基本料金が掛かります。

これをオール電化でガスを使わないことで、ガスの基本料金がまるまる節約できます。

さらにそのままでは高い電気料金も、夜間割引で非常に安くすることができます。
ですから夜間蓄熱式機器、エコキュートなどを組み合わせて使うことで、電気料金を大幅に節約出来るのです。

特にプロパンガスなどを使っている場合は、都市ガスよりもかなりガス料金がいので節約効果も高いのではないでしょうか。

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。