節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

キッチンで水道代の節約

洗い物をする時の一番の無駄って、水の流しっぱなしなんですよね。
っていうか洗い物でなくても、たいていの水道を使うときってつい流しっぱなしになりがちですが。

でもこまめに蛇口の栓を止めるのって結構面倒です。

特にハンドルをくるくる回して、水を出したり止めたりするタイプって、かなり面倒。
でもハンドルでなくてレバータイプの水道栓だったら、洗い物を持ったまま、手の甲とかでちょいと押して水を止めたり水流の加減が出来ます。

水道栓をハンドルタイプからレバータイプに変えるとけっこう節水の効果が高いんじゃないでしょうか?

食器を洗う

食器を下げる時につい食器を重ねてしまいますよね。
でも、そうすると食器の汚れていなかった外側まで汚れてしまいます。
そうすると食器洗いに、手間も余計にかかってしまいます。

食器を下げる時に重ねないようにすると、水道代や洗剤の他に手間を節約できます。

そして食器を下げたは良いですけれど、面倒なのでつい後回しにしてしまったりしませんか?
でも汚れものが乾いてしまうと、なかなか落ちにくくなってしまいます。

すぐに洗わない時は水に浸けておくようにしましょう。
ただこれも、油汚れも何もかも一緒に浸けておくと、洗うのが大変になります。

そして洗い物の順番は、汚れの少ないものから先に、油汚れは後から洗うようにすれば、食器洗いの手間もぐっと少なくなりません。

結果的に水道代や洗剤の節約になりますよね。
それに環境への負荷も減らせるるんじゃないでしょうか?

それから、食器を洗う時に、まず汚れを新聞紙などでふき取りましょうってことがよく書いてあったりします。

でも、食器を洗う前に新聞紙を用意して、拭き取って、それから汚れた新聞紙を捨てて、とかって、けっこう面倒そうですよね。
ごみも増えるし.

それより、台所にスクレイパー(ゴムのヘラとか)を置いておいて、大まかな汚れを落とすようにしても、洗い物の手間も減るし水道代も節約になるんじゃないでしょうか?

  • かんたん度:   簡単さの度合い簡単さの度合い
  • 節約の効果:   節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。