節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

庭の水まき

今回は、ガーデニングだとか庭の水まきなどの水道代を節約しましょうということについてお話しします。

いつも思うんですが、水道のきれいに浄化した水を、撒くのって、水道代がもったいないと言うよりも、なんかすごく無駄な行為(わざわざきれいにした上水道の水を撒いて捨てる)というか、節水とかエコとか、そういうことを考えると、ちょっと罪悪感を感じませんか?

水まき

定期的に雨が降ってくれるといちばん簡単なんですけれど、そんなにうまく雨は降りませんからね。
ベランダとか庭にバケツを置いて水を溜めるという方法もあります。
でも、よっぽど雨が強く降らないと溜まらないんですよ。
それに何より、バケツをそこら辺に置いておくのってあんまり見た目も良くないんですよね。

効率よく雨水が溜められないかと思いながらガーデニングショップとか見てたらやっぱり同じことを考える人が多いということでしょうね。

雨水タンク

雨水タンクとかホームダムということもあるようです。

どういうものかというと、雨が降った時に、雨どいから流れてくる大量の雨水をタンクに溜めておいて、水まきなど必要な時に使うというものです。

バケツ程度じゃたいして雨が溜められないのに、どうして雨水タンクじゃカンタンに雨水が溜まるんでしょうか?
それは家の屋根全体に降った雨が雨どいに集められて流れてくるからですよね。
どれくらい溜まったかな?なんて雨が降るのが楽しみになりそうです。(笑)

地中に穴を掘ってタンクを埋め込むという大々的なものもありますけれど、一般の家庭では雨どいの側に据え付けるものが普通です。

色も焦げ茶色とか濃緑色が多いので、置いておいても違和感もないと思います。
まあ色は好みの問題ですが、ただ色が薄いとタンクの中に光が入って藻が生い茂ることになりかねません。

それから雨水タンクを設置すると、地方自治体によっては補助金や助成金がもらえる場合もあります。

  • かんたん度:     簡単さの度合い
  • 節約の効果:   節約効果の度合い節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。