節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

無洗米は節約になるか

節約情報を、いろいろ見ていると、
「無洗米は米とぎが必要ないので水道代を節約できる。」
「一見割高に思えるけれど、米ぬかが少ない分得である。」
「節約を別にしても、米をとがないので環境に優しい。」

という事がよく書かれているのを見かけました。

でも本当なんでしょうか?

なんだか違和感を感じたのでいろいろと調べてみました。

まず、第一に純粋に金額だけで考えるとすると、水道代(下水道料金込)は1リットル当たり、0.2円にもならない金額です。(東京都水道局参考)
それに比べて、無洗米は国民生活センターの調査によると1kgあたりの平均額が52円高いとのことです。

米とぎで相当無駄に水を使っても、水だけでは到底比較にならない差があります。

次に、米ぬかが少ない分実際は得であるという説についても、せいぜい4,5%程度の差です。

という事は、1キロあたり、最低でも1040円とか、1300円以上はするお米でないと元が取れない計算です。
10キロ袋で1万円とか1万3千円のお米使ってますか?
そういう人はあんまりいないと思います。
それにそれくらいのお米で、無洗米であれば、キロ当たり52円の割高どころではないのでは?

つまり金額だけで判断すると無洗米は精白米より節約になるどころか、お金が掛かるということになるますよね。

無洗米は本当に環境に優しいのか?

環境に優しいという言い方はあまり好きではないのですが.

確かに家庭での米とぎの生活排水自体は減りますよね?
ですが、無洗米は最初から米ぬかの出ない品種か何かの米でしょうか?
違いますよね。

無洗米を作る段階で、米ぬかを取り除く処理が行われています。

そして、無洗米を作るのには、
電力などを使ったり、他のでんぷん質を使って、米ぬかを取り除く方法などもあるようです。
わざわざ他のでんぷんを使ったり、電力を使ったりして作るのに、本当に環境に優しいんでしょうか?

環境のことを考えるのならば、むしろ米とぎの水を、植木だとか庭にまくとかそういうものに使った方がずっと良いような気がします。
美味しくないのに、節約になるとか環境に優しいからと思って無洗米を選ぶのはやめた方が良さそうです。

もちろん純粋に無洗米は米とぎの手間がいらないといういう事で使うのなら全く話は違うのですが.

  • かんたん度:     簡単さの度合い
  • 節約の効果:     節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。