節約スタイル

節約スタイルでは、頑張る節約ではなく、暮らしを豊かに、楽しく生活するための水道光熱費ほかの節約術を提案します。

正しくトイレの水道代を節約

前回のトイレの水道代を節約でペットボトルなどを沈めて節水する方法はやってはいけないというお話をしました。

理由は目詰まりなどの原因になるから。

でも本当は流す水の量自体が問題ではないんですね。
水を流すときの勢いが問題で、ペットボトルなどで水の量を減らしてしまうと、必要な水圧にならないということになりかねません。
ですから節水型の便器などは、水を流すときの水圧を高めてあるんだと思います。

じゃあ、新しく便器を買い替えなきゃならないかというと、もちろんそうとは限りません。

ウォーターセーバー

なんか使えるものはないかと探していたら「ウォーターセーバー」というものがありました。

トイレのタンクの底の弁に重しを付けて、すぐに弁が閉まるようにするものです。
水の勢いを維持しつつも、流れる時間を短くして節水する仕組みです。

ですから自宅のトイレが、もともと大の方へハンドルを回した時に、手を離したらすぐに水が止まるタイプならわざわざウォーターセーバーをつける必要はありません。

それと、きちんと汚物が流れてしまったのを確認してから手を放さなければならないという手間が掛かります。

  • かんたん度:  簡単さの度合い簡単さの度合い
  • 節約の効果:    節約効果の度合い

「節約スタイル」では、超簡単で節約効果の高い方法から、
 そこまでやるか!的なマニアックなネタ的節約方法まで、あらゆる節約方法を紹介します。

「節約スタイル」は、リンクは自由です。 連絡も必要ありません。
 お友だちにも、ぜひ教えてあげて下さい。

関連: 水洗トイレを使うと水道代はいくら掛かるのか

関連:  ウォーターセーバー  amazonで6百円位で売ってました。